『同級生』シリーズが“青春BLの金字塔”とされる理由 色褪せることのない、佐条と草壁の恋物語を考察

『同級生』シリーズが“青春BLの金字塔”とされる理由 色褪せることのない、佐条と草壁の恋物語を考察

 こんな恋愛がしてみたかった――。青春恋愛モノの初々しさや瑞々しさに、どうしてこうも憧れてしまうのだろうか。その理由はきっと、物語中の青春や恋が現実にないとまでは言わないものの、そう簡単に叶うものではないと知ってしまったからだと思う。

 やすやすと手に入らないと分かっているからこそ、せめて物語の中くらいでは高校時代のピュアで爽やかな恋愛を疑似体験したい——。そんな願望にこれでもかと応えてくれる作品がある。『同級生』シリーズだ。青春BL漫画の不朽の名作、金字塔との呼び声も高い同シリーズは、2006年に連載がスタート。2008年に単行本の初版が発売され、それ以降も『卒業生』『空と原』『O.B.』と、2014年までにキャラクターたちのその後を描いた続編やスピンオフがリリースされている。そして2020年の9、10月。6年ぶりのシリーズ新作となる『blanc(ブラン)』が2カ月連続で刊行された。

恋愛モノの王道をいくBL

『同級生』

 名前さえ書けば合格できると言われている私立東府第一高等学校。シリーズの始まりである『同級生』は、そこに通う高校2年生・佐条利人(さじょうりひと/以下、佐条)と草壁光(くさかべひかる/以下、草壁)の恋物語を描く。

 佐条は絵にかいたような優等生だ。志望校でなかったとはいえ入試では全教科で満点を取り、教師たちからは「こんな優秀な子がウチに来てくれるなんて」と言われるほどの秀才である。一方、草壁は、着崩した制服姿に金髪、ピアス、絶対に真似をしてはならないがタバコと酒を嗜む、いわゆる不良として描かれている。

 そんな対称的なふたりの恋は、合唱祭の歌の影練習をきっかけに始まる。音楽の授業中、佐城が口パクで合唱に参加していないのに気がついた草壁。彼の目には、佐条のその態度がお高くとまった優等生のように映る。しかし放課後の教室でこっそりと合唱曲の練習をする佐条の姿を目にした草壁は、気付けば個人的に歌のレッスンをしようかと申し出ていた。この「ふたりだけの合唱練習」の時間が、佐条と草壁の距離を縮めていく。

 相手の意外な一面を知って、時間を共有する中で、お互いを強く意識していく。佐条と草壁の恋は、恋愛物語ではよく見る構成だろう。ただ彼らの恋は、青春恋愛モノの王道を歩んでいなければ、10年以上も愛されるシリーズ作品にはなっていなかったとも思うのだ。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「漫画」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる