小沢健二×三島由紀夫のコラボ実現 三島由紀夫没後50年特別企画

小沢健二×三島由紀夫のコラボ実現 三島由紀夫没後50年特別企画

 三島由紀夫没後50年の特別企画として、1991年に刊行した『三島由紀夫レター教室』(ちくま文庫)が小沢健二のデザインによる特別帯をつけて限定販売される。小沢による書下ろしエッセイを両面に掲載した特別帯は、11月11日頃の書店着荷分から本に巻かれて全国順次発売となる。

小沢健二

 また、本企画に先がけ、メモリアル・イヤーにちなんだ2020部の限定版帯付き本が、10月31日より全国86店舗の協力書店にて先行発売される。

 小沢は雑誌『オリーブ』92年9月号で「私が文を学んだ本」として『三島由紀夫レター教室』を紹介していた。当時これをきっかけにして「突然話題沸騰 どうやら小沢健二さんのお気に入り本らしい」と書かれた帯が巻かれ、大きな話題をよんだ。あれから28年。三島の没後50年というメモリアル・イヤーに、今度は小沢自身の手で2020年の今にふさわしい新帯をデザイン。数ある三島の名作の中から、なぜ今この作品にこの帯なのか。このために書下ろしたエッセイとユニークな仕掛けをほどこしたデザインからその理由が分かるはずだ。

小沢健二コメント(書下ろしエッセイより)

なんて贅沢な行為。なんと「反社会的」な行為。
なんて地下活動的な、秘密裡な行為。
編集されて、冷静に、平静に進んでいく世の中の下に、トンネルを掘るような。

■2020部限定版 取り扱い書店(全国86店舗)
北海道    紀伊國屋書店 札幌本店
北海道    MARUZEN&ジュンク堂書店 札幌店
宮城       丸善 仙台アエル店
群馬       ブックマンズアカデミー 前橋店
埼玉       BookDepot書楽
千葉       丸善 津田沼店
東京       紀伊國屋書店 新宿本店
東京       ジュンク堂書店 池袋本店
東京       丸善 丸の内本店
東京       三省堂書店 池袋本店
東京       三省堂書店 神保町本店
東京       東京堂書店 神田神保町店
東京       丸善 お茶の水店
東京       丸善 日本橋店
東京       ブックファースト 新宿店
東京       八重洲ブックセンター 本店
東京       紀伊國屋書店 国分寺店
東京       ジュンク堂書店 吉祥寺店
東京       MARUZEN&ジュンク堂書店 渋谷店
東京       紀伊國屋書店 玉川高島屋店
東京       ジュンク堂書店 立川高島屋店
東京       ブックファースト ルミネ町田店
東京       有隣堂 アトレ目黒店
東京       八重洲ブックセンター ルミネ荻窪店
東京       啓文堂書店 吉祥寺店
東京       紀伊國屋書店 西武渋谷店
東京       文教堂書店 二子玉川店
東京       くまざわ書店 調布店
東京       TSUTAYA 三軒茶屋店
東京       大盛堂書店 駅前店
東京       HMV&BOOKS SHIBUYA
東京       タワーレコード 新宿店
東京       文喫 六本木
東京       ヴィレッジヴァンガード 下北沢
東京      HMV&BOOKS SPOT新宿
東京       タワーレコード 渋谷店
東京       スーパーブックス あおい書店春日店
神奈川    有隣堂 横浜駅西口店
神奈川    紀伊國屋書店 横浜店
神奈川    丸善 ラゾーナ川崎店
神奈川    八重洲ブックセンター 京急上大岡店
神奈川    紀伊國屋書店 ららぽーと横浜店
神奈川    有隣堂 ルミネ横浜店
神奈川    ACADEMIAくまざわ書店 橋本店
新潟       知遊堂 亀貝店
富山       明文堂書店 富山新庄経堂店
富山       喜久屋書店 高岡店
富山       BOOKSなかだ ファボーレ店
石川       金沢ビーンズ明文堂
石川       うつのみや 金沢香林坊店
愛知       三省堂書店 名古屋本店
愛知       ジュンク堂書店 名古屋栄店
愛知       MARUZEN 名古屋本店
愛知       TSUTAYA ウイングタウン岡崎店
愛知      TSUTAYA 春日井店
京都      MARUZEN 京都本店
京都       大垣書店 イオンモールKYOTO店
京都       ふたば書房 御池ゼスト店
京都       大垣書店 烏丸三条店
京都       大垣書店 イオンモール京都桂川店
京都       ふたば書房 山科駅前店
大阪       紀伊國屋書店 梅田本店
大阪       ジュンク堂書店 大阪本店
大阪      MARUZEN&ジュンク堂書店 梅田店
大阪       ジュンク堂書店 近鉄あべのハルカス店
大阪       ジュンク堂書店 難波店
大阪       ブックファースト 梅田2階店
大阪       梅田 蔦屋書店
大阪       大垣書店 高槻店
大阪       田村書店 千里中央店
大阪       HMV&BOOKS 心斎橋
大阪      HMV&BOOKS SPOT 伊丹空港
兵庫       ジュンク堂書店 三宮店
兵庫       ジュンク堂書店 姫路店
岡山       喜久屋書店 倉敷店
岡山       啓文社 岡山本店
広島       ジュンク堂書店 広島駅前店
広島       啓文社 西条店
福岡       ジュンク堂書店 福岡店
福岡       丸善 博多店
福岡       喜久屋書店 小倉店
福岡      HMV&BOOKS HAKATA
熊本       蔦屋書店 熊本三年坂
鹿児島    ブックスミスミ オプシア店
沖縄       ジュンク堂書店 那覇店
沖縄      HMV&BOOKS OKINAWA
(※在庫状況、販売方法などは各書店にお問い合わせください)

■書誌情報
『三島由紀夫レター教室』(ちくま文庫)
著者:三島由紀夫
本体価格:620 円(税別)
刊行日:1991年12月
URL:https://www.chikumashobo.co.jp/product/9784480025777/
小沢健二デザイン 2020部限定版帯付き発売日:2020年10月31日 一部協力書店にて一斉発売
小沢健二デザイン 普及版帯付き発売日:2020年11月11日より全国順次発売(※地域により差があります)

■内容紹介
恋したりフラレたり、金を借りたり断わられたり、あざけり合ったり、憎み合ったりと、もつれた糸がこんがらかって……。職業も年齢も異なる5人の登場人物が繰りひろげるさまざまな出来事をすべて手紙形式で表現した異色小説。見事なまでの離れ技で織りなす構成、洒落た文体で交わされる小粋なやりとり。文豪・三島由紀夫による、反則レベルのスタイリッシュ・エンタメ小説。手紙を書くのが苦手なあなたに贈る粋な文例集。解説:群ようこ

【目次】
登場人物紹介/古風なラブ・レター/有名人へのファン・レター/肉体的な愛の申し込み/借金の申し込み/処女でないことを打ちあける手紙/同性への愛の告白/愛を裏切った男への脅迫状/出産の通知/招待を断わる手紙/結婚申し込みの手紙/恋敵を中傷する手紙/心中を誘う手紙/旅先からの手紙/年賀状の中へ不吉な手紙/英文の手紙を書くコツ/真相をあばく探偵の手紙/探偵解決編の手紙/身の上相談の手紙/病人へのお身舞い状/妊娠を知らせる手紙/妊娠を知った男の愛の手紙/陰謀を打ち明ける手紙/余計なお世話をやいた手紙/裏切られた女の激怒の手紙/閑な人の閑な手紙/結婚と新婚を告げる手紙/すべてをあきらめた女の手紙/家庭のゴタゴタをこぼす手紙/離婚騒動をめぐる手紙/悪男悪女の仲なおりの手紙/作者から読者への手紙

■著者紹介
三島由紀夫(みしま・ゆきお)
(1925-1970)本名平岡公威。東京四谷生まれ。学習院中等科在学中、〈三島由紀夫〉のペンネームで「花ざかりの森」を書き、早熟の才をうたわれる。東大法科を経て大蔵省に入るが、まもなく退職。『仮面の告白』によって文壇の地位を確立。以後、『愛の渇き』『金閣寺』『潮騒』『憂国』『豊饒の海』など、次々話題作を発表、たえずジャーナリズムの渦中にあった。ちくま文庫に『三島由紀夫レター教室』『命売ります』『肉体の学校』『反貞女大学』『恋の都』『私の遍歴時代』『文化防衛論』『三島由紀夫の美学講座』などがある。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「新作」の最新記事

もっとみる