心理カウンセラーが漫画で教える、令和時代の夫婦のあり方 『まんがでわかる 妻のこと』

心理カウンセラーが漫画で教える、令和時代の夫婦のあり方 『まんがでわかる 妻のこと』

 心理カウンセラーの根本裕幸が監修した書籍『まんがでわかる 妻のこと』が、6月17日にカンゼンより発売された。

 いまや「結婚(夫婦)=幸福」に必ずなるわけではない、というのは周知の事実。本作では、縁あって夫婦となった両者の関係を、なんとか“幸福へとつなげるために知っておきたい”ことを、まんがの登場人物たちを通してわかりやすく紹介する。

 令和の時代となっても根強く存在する、夫(男)と妻(女)の役割における素朴な疑問や「異議あり!」を、まんがと考察・解説とともに見ていくことで、当たり前のように思っていた夫婦関係を見つめなおすきっかけになり得る。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

■監修:根本裕幸(ねもと・ひろゆき)プロフィール
心理カウンセラー。1972年、静岡県生まれ。2000年にプロカウンセラーとしての活動をスタート。以来、延べ20,000回以上のカウンセリングを行う。2001年、カウンセリングサービス設立に寄与。その企画・運営に従事し、年間100本以上の講座やセミナーをこなす。2015年に独立後はフリーのカウンセラー/講師/作家として活躍中。扱うジャンルは、離婚、浮気、セックスレス等の夫婦問題をはじめ、結婚・恋愛などの男女関係から、職場の人間関係やライフワーク等のビジネス心理、家族の問題、病気や性格に関する問題など幅広い。著書・監修本多数。

■書籍情報
『まんがでわかる 妻のこと』
監修:根本裕幸
編集:株式会社ライブ 齊藤秀夫
シナリオ・文:ポンプラボ
作画:松岡リキ
出版社:カンゼン
発売日:2020年6月17日
定価:本体1,300円+税
http://www.kanzen.jp/book/b512493.html

<目次>
はじめに 妻と夫 そのボタンのかけ違いはどこから?
Chapter1 「子はかすがい」は、今は昔……
Chapter2 夫には結婚も家庭も他人事?
Chapter3 妻と良好な関係を築ける夫の秘密
Chapter4 夫の有能な教師は「妻の不在」?
Chapter5 幸せの鍵=コミュニケーション
Chapter6 げに悩ましきは「他人の物差し」
Chapter7 初心に戻ると見えてくるもの
おわりに 「夫婦」は2人で創り上げる人間関係

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「新作」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる