三浦春馬と日本を見つめる連載『日本製』書籍化 自身初ドキュメンタリー写真集とセットになった特装版も

三浦春馬と日本を見つめる連載『日本製』書籍化 自身初ドキュメンタリー写真集とセットになった特装版も

 三浦春馬が月刊誌『プラスアクト』で行なっている人気連載『日本製』が書籍化され、30歳の誕生日である2020年4月5日に発売される。さらに同日、ドキュメンタリー写真集が付いた特装版『日本製+Documentary PHOTO BOOK 2019-2020』も発売されるという。

 『日本製』は三浦春馬が連載期間約4年をかけて訪れた47都道府県を紹介。実は知らないことの多い日本文化・伝統・歴史・産業など、未来へ向けて残し伝えたい〈日本〉を三浦春馬とともに見つめる1冊となっている。新たな撮り下ろし&ロングインタビューも掲載され、408ページの大ボリュームで完成した。

 自身初となるドキュメンタリー写真集は、三浦の約1年間を追った超大作。2冊を合わせると520ページにも及ぶ。「特装版」は2冊を特製BOXに収めて発売される。

 特装版『日本製+Documentary PHOTO BOOK 2019-2020』購入者を対象として企画が続々と決定している。通販サイト「アスマート」と「ワニブックススペシャルエディション」にて「特装版」を購入すると、抽選で各100名ずつ合計200名に直筆サイン本が届けられる。また、「特装版」に封入される指定ハガキで応募すると、抽選で1000名をシークレット企画へ招待する。詳細、その他企画については特設サイト(https://www.wani.co.jp/special/miuraharuma/)を参照。

三浦春馬コメント

30歳の誕生日に【この4年間日本全国で学ばせてもらってきた軌跡】と【この1年間真剣に取り組んできた作品の舞台裏】をお届け出来ることになり感謝しかありません。僕にとって初めてのドキュメンタリー写真集は、『日本製』の旅を続けていく中で、「パッと見て自分の成長を振り返れる記録集のような作品をこの取材チームに作ってもらいたい」と思ったことがキッカケでした。47都道府県で様々なことを教えて頂いている姿とは違いますが、学んでいる姿勢や変化のよ うなものは、2冊それぞれありのままを見て頂ける内容になっていると思います。ファンの皆さんが長い間支えてくださっているおかげで、こんなに充実したチャレンジングな仕事に関わらせてもらっているので、感謝の想いが伝わればいいなと思っています。この2冊にはそういう願いを込めて、まったく嘘のない僕を詰め込みました。

■書籍情報
『日本製』
著者:三浦春馬
出版社:株式会社ワニブックス
定価:2400円+税

特製BOX入りドキュメンタリー写真集
『日本製+Documentary PHOTO BOOK 2019-2020』
著者:三浦春馬
撮影:京介
定価:4800円+税

■三浦春馬(みうら・はるま)プロフィール
1990年4月5日生まれ、茨城県出身。映画、ドラマ、舞台数多くの作品へ出演するほか、2019年フジテレビ系列の主演ドラマ『TWO WEEKS』の主題歌で歌手デビューも果たした。NHK総合『世界はほしいモノにあふれてる 旅するバイヤー 極上リスト』にレギュラー出演中。現在、ミュージカル『ホイッスル・ダウン・ザ・ウィンド~汚れなき瞳~』に出演中。今後、映画『コンフィデンスマン JP プリンセス編』(2020年5月)、映画『ブレイブ群青戦記』(2021年)の公開が控えている。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「新作」の最新記事

もっとみる