『朝10分でできるスープ弁当』6万部突破 「お昼休みが自分を大切に扱う時間になったら」

『朝10分でできるスープ弁当』6万部突破 「お昼休みが自分を大切に扱う時間になったら」

 スープ作家・有賀薫の最新刊『朝10分でできるスープ弁当』(マガジンハウス、2019年10月24日発売)が8回の重版を重ねて、累計6万部を突破した。

 「スープ弁当」は、ひと煮立ちさせてスープジャーに注ぐだけの、朝10分でできる簡単弁当だ。時間がかからない、お昼まであったかい、具だくさんでお腹いっぱい、野菜たっぷりヘルシー、安価で経済的など、いいことずくめで人気を集めている。

 スープ作家として、2011年から8年間、約2900日にわたって毎日スープを作り続ける有賀薫は「みんなのお昼休みがただ効率的に栄養や情報を取るだけの時間ではなく、“自分を大切に扱う時間”になったら」とスープ弁当に思いを込めたという。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

■有賀薫(ありが・かおる)プロフィール
スープ作家。2011年から7年間、約2800日にわたって、朝のスープ作りを日々更新。スープの実験室「スープ・ラボ」をはじめ、イベントや各種媒体を通じ、おいしさに最短距離で届くシンプルなレシピや、日々楽に料理をする考え方などを発信している。著書に『365日のめざましスープ』(SBクリエイティブ)、『スープ・レッスン』(プレジデント社)、『おつかれさまスープ』(学研プラス)。『帰り遅いけどこんなスープなら作れそう』(文響社)で、第5回料理レシピ本大賞入賞。Twitter @kaorun6

■書籍情報
『朝10分でできるスープ弁当』
著者:有賀薫
発行:株式会社マガジンハウス
定価:本体1,300円(税別)
<発売中>
https://magazineworld.jp/books/paper/3040/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「新作」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる