芥川・直木賞の裏で注目の第11回「新井賞」、小川糸『ライオンのおやつ』が受賞

芥川・直木賞の裏で注目の第11回「新井賞」、小川糸『ライオンのおやつ』が受賞

 昨年10月に刊行され、現在12万部を突破している小川糸の『ライオンのおやつ』(ポプラ社刊)が、2019年下期「新井賞」を受賞した。

 HMV&BOOKSの書店員・新井見枝香が2014年に創設した(創設当時は三省堂書店勤務)賞で、個人的に推したいと選定した本を独断で選出するという異色の文学賞「新井賞」。年2回、芥川・直木賞と同日に発表されている。

 これまでに10回開催されており、今回2019年下期が第11回目。近年では受賞作が芥川・直木賞を受賞した作品より売れる店舗も出てくるといい、業界だけでなく世間の注目度も急上昇中だ。

 受賞した『ライオンのおやつ』は、昨年10月にポプラ社より刊行されて以降、熱い支持を集め現在12万部を突破。瀬戸内の島にあるホスピスを舞台に、若くして余命を宣告された主人公が周りの人々とともに残された日々を生きていく物語である。著者の小川糸、新たな代表作となっている。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

■著者小川糸(おがわ・いと)プロフィール
1973年生まれ。2008年『食堂かたつむり』でデビュー。以降数多くの作品が様々な国で出版されている。『食堂かたつむり』は、2010年に映画化され、2011年にイタリアのバンカレッラ賞、2013年にフランスのウジェニー・ブラジエ賞を受賞。2012年には『つるかめ助産院』が、2017年には『ツバキ文具店』がNHKでテレビドラマ化され、『ツバキ文具店』と『キラキラ共和国』は「本屋大賞」にノミネートされた。その他著書に『喋々喃々』『ファミリーツリー』『リボン』『ミ・ト・ン』など。

■書籍情報
『ライオンのおやつ』
著者:小川糸
出版社:ポプラ社
<発売中>
価格:1500円(本体)
 作品特設ページはこちら:https://www.poplar.co.jp/pr/oyatsu/

■新井賞情報
「新井賞」詳細はこちら:https://www.hmv.co.jp/news/article/1907031036/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「イベント」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる