花守ゆみり×千本木彩花『かげきしょうじょ!!』インタビュー 歌劇と声優を結びつける共通項とは?

花守×千本木『かげきしょうじょ!!』対談

 放送中のTVアニメ『かげきしょうじょ!!』(AT-X、TOKYO MXほか)は、宝塚歌劇団をモチーフに紅華歌劇音楽学校に通う少女たちの奮闘を描いた作品で、『メロディ』(白泉社)にて掲載中の斉木久美子による漫画が原作。アニメでは、実際に宝塚歌劇団の舞台音楽を手がける斉藤恒芳が音楽を担当し、キャストが歌うエンディングテーマ「星の旅人」や劇中歌の作詞作曲も手がけるなど、アニメの枠を越えた本格的な作りが話題となっている。今回、渡辺さらさ役の千本木彩花、奈良田愛役の花守ゆみりにインタビュー。本作とその音楽の魅力、さらに歌劇学校と声優事務所の共通項など、さらさと愛にも負けない声優としての情熱的な思いを語ってくれた。(榑林史章)

「渡辺さらさに救われる奈良田愛の眩しさの虜になってしまった」(花守)

ーー『かげきしょうじょ!!』は、宝塚音楽学校をモチーフにした話ですが、原作コミックはご存じでしたか?

千本木彩花(以下、千本木):私はオーディションのお話をいただく前から、友達に「面白いよ」と薦めてもらっていて。そのすぐ後にお話をいただいたので、すごくタイムリーでした。

花守ゆみり(以下、花守):私はオーディションの時に原作コミックを読んで、愛ちゃんの虜になりました(笑)。

ーー花守さんは、絶対に奈良田愛の役をやりたいと思っていたそうですね。

花守:オーディションが終わってから、毎日のように「合否は出ましたか?」ってマネージャーさんに電話したくらい、愛ちゃんにハマっていて。渡辺さらさに救われる愛ちゃんの眩しさの虜になってしまった身としては、そんな愛ちゃんを自分はどんな風に演じるんだろうという好奇心もありました。愛ちゃんは難しい過去も背負っているので、さらさはどうやって救うんだろうとか考えたり。私も愛ちゃんを演じることで救われたいなって感じるくらいでした。

ーー愛を演じることに、面白みや魅力を感じたということですか?

花守:そうですね。改めて奈良田愛に声が付くとどうなるんだろうと思ったんです。だからこそ、逆にさらさを演じている自分が全然思い浮かばなくて。もう「愛ちゃんしかない」ってぞっこんでした。

花守ゆみり
花守ゆみり

ーー千本木さんも、オーディションでは渡辺さらさ一択だったんですか?

千本木:実は、最初は星野薫役だったんです。テープ審査の時も星野役を受けていて、スタジオオーディションでも「星野さんで」と呼ばれていたんです。でも、現場に行ったら「さらさと愛もお願いします」と。ほかの参加者の方たちと3人で掛け合いをやるオーディションで、さらさ、愛、星野が出てくるシーンを順番に役を入れ替えながらやらせていただいたんです。そういった経緯もあったので、さらさ役で受かった時はびっくりしました。

千本木彩花
千本木彩花

ーー実際に掛け合いの演技をするシーンが、劇中にも出て来ますよね。

スタッフ:物語の山場で掛け合い演技をするシーンがあるので、キャストの方にも「実際にオーディションで掛け合いをやっていただいて決めましょう」ということになりました。

千本木:初耳です(笑)!

花守:そういう意図があったとは!

ーーさらさは天真爛漫ですが、心には芯があって、実は辛い経験をしていたり。表面的な部分と中身にギャップがあるというか。

千本木:そうですね。でも、彼女が過去にどんな経験をして、どういう風に感じたかを考えていくことで、他者に対してすごくやさしかったり、人の気持ちを汲んであげられたりというところに繋がっていきました。なので、演じる上であまり難しさは感じなくて。

花守:さらさは子供みたいな無邪気さがありながら、肝が据わっている感じもあるので、私はすごく難しい役だなってオーディションの時に感じましたね。

ーー花守さんも3人で掛け合いオーディションを?

花守:はい。その時にさらさも演じて。いろいろと考えながら演じていくのですが、さらさは真っ直ぐ見据える感じが必要だから考えすぎるとどうしても計算高く映ってしまいそうで……そのバランスがすごく難しかったです。なので、誰がさらさを演じるのかずっと気になっていて、ぼんちゃん(千本木)に決まったと聞いた時は、すごくうれしくてハグしたよね(笑)。

千本木:会ったら(さらさに決まったと)絶対言おうと思っていたんです。

花守:すごくびっくりしました。別の現場で一緒になった時、遠くから私を見つけてズンズンやって来るから、「私、何かしたかな?」と思ってドキドキしていたら「私がさらさなんだ」って。「うわぁ、ヤッター!」って喜んで、周りの人に不審がられながらハグしたんです(笑)。それくらい、ぼんちゃんがピッタリだと思ったから。

千本木:本当に! すごくうれしいなぁ。

−−さらさは憑依型ですけど、千本木さんもオーディションの時にさらさが降りて来たり?

千本木:さすがにそれはなかったですけど(笑)。でも、私とさらさって似ているとは思います。ある時、占いに行ったんですけど「そもそもあなたは考えないタイプだから、考えている時は疲れている時だと思ったほうがいい」と言われて、確かにそうだなと。自分の体調が悪い時ほど色々考えちゃって、元気な時は深く考えないというか。もちろん全く考えていないということではないんですけど。そういうところはさらさとすごく似ているのかな? だから今回、演じる上で特別何かを考えるというよりも、すごく自由にやらせてもらえたキャラクターでした。

ーー花守さんもご自身が愛に似ていると?

花守:すごく似ていると思います。根っこの部分に似たものを感じたからこそ、こんなにも惹かれたんだと思いますし。色々考えながら石橋を叩いて渡って、でも叩きすぎて割れてしまって「どうしよう……」と立ち往生するところは、すごくシンパシーを感じていて。愛ちゃんみたいな境遇ではないにしろ、ちょっと感情的に嫌だなと思う部分が似ていたり。私自身もさらさに救われたいと思った理由は、そういう部分があったからだと思います。

ーー『かげきしょうじょ!!』は歌って踊ること以上に、それぞれがトラウマを乗り越えていく人間ドラマに重きが置かれています。その部分はどういう風に捉えていますか?

千本木:それぞれが挫折だったり色々なものを抱えながら、ここ(紅華歌劇音楽学校)に集まって来ている。みんな夢や目標は同じだけど、そこでのライバル関係やそれを乗り越えて行く過程が、本当に素晴らしいなと思います。人が頑張る姿は、見る人にもパワーを与えてくれますし、さらさや愛ちゃんの周りの子たちもそれを見て、自分も頑張ろうと思っている。そういう子たちが集まっている作品なので、パワーをものすごく感じますね。

ーーそれぞれのキャラクターが抱えているものは、思った以上に重いですよね。

花守:そうですね。重いところがあるからこそ、輝き方も魅力的なんだなと感じます。どのキャラクターも「何でこういう性格なんだろう?」と思って箱を開けたら、こんなにも深い思いを背負って、それをずっと誰にも言えなかったんだなって、結構衝撃を受けるシーンが多いんです。絶対立ち直れないっていう気持ちを一度味わったあと、周りの人に支えられたり自分の中で新たに決心して、また夢に向かって歩き出すところがこの作品の魅力的な部分です。原作を読んだ際にも「これは本当に少女漫画なのか? 実はスポ根漫画を読んでいるんじゃないか?」と思ったほど、熱い作品だなと感じました。

千本木:それぞれのキャラが認め合っている姿もすごくステキだし、ここからみんながどうやって輝いていくのか、楽しみにさせてくれるキャラクターばかりです。本科生である先輩たちもそうですし。

ーーちょっと意地悪だったり、色々な先輩がいて。

花守:(野島)聖先輩がもう!

千本木:でも彼女も彼女で過去があるし。すでに原作を知っている方は、キャスト発表された時に、すでに盛り上がっていましたよね。「聖の台詞が聞けるんだ、それも花澤香菜さんの声で!」って(笑)。

花守:キャラクターたちの設定みたいなところは、どうやったら生まれるんだろうって感服しますよね。

千本木:私自身お芝居をやっていると、結局自分を見つめ直したり振り返ったりする職業なんだなと思うんです。面白いのは、それをさらさたちもやっているんですよね。そう考えると、こんなにも深いところまで描ける斉木先生は本当にすごいです。

20210819-kagekisyoujo10
20210819-kagekisyoujo09
20210819-kagekisyoujo018
previous arrow
next arrow
20210819-kagekisyoujo10
20210819-kagekisyoujo09
20210819-kagekisyoujo018
previous arrow
next arrow

ーー収録に入る前、宝塚についての勉強はされたのですか?

花守:最初に資料として、宝塚の舞台を収録したDVDをいただきました。舞台ではこういう風に演じているということを最初に知ることができたので、そこはすごく役に立ちました。

ーー紅華歌劇団冬組の次期男役トップスター・里美星役で、元宝塚の七海ひろきさんも出演しています。

花守:七海さんとは一緒に収録する機会はなかったのですが、スタジオでお会いした際には「かっこいい」では表しきれないオーラがありました。実は『かげきしょうじょ!!』でご一緒することを知る前に、たまたま七海さんが出演された舞台を見に行っていたんです。だからすれ違った時に「本物だ!」って、勝手にドキドキしていました。

千本木:一緒の作品には出ていますが、収録時間もすれ違いでなかなかお会いすることができず。機会があったら色々お話を聞きたいです。

ーーさらさは、もともと歌舞伎をやっていたという過去もあって。千本木さんは、歌舞伎のことも勉強したんですか?

千本木:歌舞伎のシーンもあって、そもそも歌舞伎と歌劇はお芝居の仕方が全く違うので、映像で『助六』(歌舞伎の演目の一つ)を見て勉強させてもらいました。歌舞伎も歌舞伎で奥が深いんですよね。

花守:題材として、奥深いものが3つも融合しているんです。宝塚と歌舞伎とアイドルという、なかなかない組み合わせですけど(笑)。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる