鬼頭明里、熊田茜音、大橋彩香 a.k.a HASSY……自らの音楽性を広げて夏を彩る女性声優たちの注目作

 2021年も夏の最盛期に入り、太陽の明るい光に照らされながら、リスナーをアップテンポに盛り上げてくれる音楽が数多くリリースされている。声優が歌う楽曲にもそういったテイストは取り入れられており、自らの音楽性をまた一手と広げるような作品がリリースされている。今回は、鬼頭明里、熊田茜音、大橋彩香 a.k.a HASSYの楽曲に注目してみたい。

鬼頭明里『Kaleidoscope』

 鬼頭明里による1stミニアルバム『Kaleidoscope』には、TVアニメ『出会って5秒でバトル』(TOKYO MXほか)のオープニングテーマに起用された「No Continue」などを収録。まとまった作品としては、昨年発売された1stアルバム『STYLE』以来となる。

 タイアップ楽曲となった「No Continue」はハードなギターサウンドとメタルロックの様式を、「V!vace」ではスカパンクらしい形をそれぞれ引用しているが、ギターサウンドが印象的なロックサウンドで一貫性を持たせていた『STYLE』から趣きを変え、ピアノ/キーボード/ホーン隊などの楽器やライトなエレクトロサウンドなど重心が一気に上がり、ポップなムードがそのまま封じ込められている。

鬼頭明里「No Continue」Music Video FULL ver.

 特に「Follow me!」は、ハウスミュージックらしいスクエアなビートとキュートな音色が絡んだエレクトロな1曲で、鬼頭にとって新機軸とも言えるナンバーだ。

熊田茜音『ココロハヤル』
熊田茜音『ココロハヤル』

 熊田茜音がリリースしたニューシングルの表題曲「ココロハヤル」は、現在放送中のTVアニメ『チート薬師のスローライフ〜異世界に作ろうドラッグストア〜』(TOKYO MXほか)のオープニング曲。作編曲には『ひだまりスケッチ』シリーズなどに印象的な主題歌を提供してきたmarbleの菊池達也が、作詞はTRUEこと唐沢美帆が参加している。ギターロックを基調としたサウンドの中にある熊田のボーカルは、まるで夏に咲く大輪の花のように曲を彩っている。

 カップリングに収録されているのは、キャラクターデザインに漫画家のウダノゾミ、作編曲を佐伯youthKが務めた青春恋愛MVプロジェクトの第1弾楽曲「自分磁針」。なお、同プロジェクトのスタートに際して、10代限定で開催された作詞家オーディションで選ばれた伝書鳩が詞を書き上げている。

 モラトリアムな時期に悩み、答えを探し出そうというメッセージを、コロコロと変わっていくリズムやそこに乗っかっていくカッティングギターが躍動感を生み、希望にも感じられる前向きな言葉をより煌びやかに届けてくれる。ポジティブなムードをまとった楽曲が8月に発表されたこともあり、「夏」のイメージを強く印象付けてくれる。

ココロハヤル (TVアニメ『チート薬師のスローライフ~異世界に作ろうドラッグストア~』オープニング主題歌) / 熊田茜音[Official Music Video]



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる