関ジャニ∞ 丸山隆平、Zeebra、R-指定と共にジャムセッション披露 「今日しかない詞を書いた」

 番組終盤のジャムセッションでは、Zeebraの「Street Dreams」をZeebra、R-指定と関ジャニ∞バンドでセッション。安田章大のギター、村上信五のキーボード、横山裕のトランペットに丸山隆平とR-指定がオリジナル歌詞でラップを披露した。「メンバーの音で(ラップ)出来るのは嬉しい。今日しかないセッションと意識して(詞を)書きました」と語った丸山は<掴めNo.1 J Dream 胸はれ誇り高きエイター>と自身の歌詞をパフォーマンスした。次回11月20日の放送には、振付師3人が登場する予定だ。

(文=向原康太)

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる