『サンダーバード55/GOGO』樋口真嗣の構成シーン映像公開 先行上映イベントの開催も

『サンダーバード55』本編映像公開

 2022年1月7日より劇場公開、1月8日からオンライン上映される映画『サンダーバード55/GOGO』の本編映像が公開された。

 1965年にイギリスで、1966年には日本でも放送が開始された、英国テレビ界の名匠ジェリー・アンダーソンの代表作にして、スーパーマリオネーションと呼ばれる独自の撮影手法を駆使した特撮人形劇のテレビシリーズ『サンダーバード』。日本放送開始55周年を祝して発足された「サンダーバード55周年プロジェクト」の目玉企画として公開される本作は、本国イギリスの熱狂的なサンダーバードファンのクラウドファンディングによって制作された3話のエピソードを日本公開用に独自に再編集した特別版となる。これらのエピソードは当時ラジオドラマとして書かれた脚本をもとに、はじめて映像化された。オリジナルへのオマージュとしてスーパーマリオネーションの伝統的な技術を駆使して撮影、完全新作として甦えらせた。

劇場版『サンダーバード55/GOGO』本編映像

 公開された本編映像は、アンダーソンが手がけたSF特撮ドラマ『謎の円盤UFO』(1970 年)のオマージュを織り込んだワンシーンから始まり、なんと当時のナレーション・矢島正明氏を起用。シーンが切り替わると、『サンダーバード』シリーズに登場するコンテナメカたちのダイジェスト紹介が新たに追加されており、3本のエピソードを繋ぐだけではなく、『サンダーバード』ならではの仕掛けが散りばめられている。樋口による演出箇所はまだ他にも用意されており、『サンダーバード』ファンのみならず初見の人でもサンダーバードを楽しめるよう、導入部分にも樋口によるこだわりが垣間見れる。

 あわせて、構成を担当した樋口と本作のプロデューサーを務めたスティーブン・ラリビエーからコメントも到着。樋口は「オリジナルに対する敬意として、新たな解釈や余計な講釈を一切排除して、我々が初めて触れた当時と同じく“日本語版”を当時と同じ東北新社様で製作できたことも身に余る光栄です」と歓喜を示し、ラリビエーは日本に住んでいたことを明かしつつ「この3つのエピソードが日本で公開されるときには、単に英語に字幕を付けただけではなく、日本の文化に合った形で観てもらいたいと思っていました。樋口真嗣さんは、私たちが作ったものを尊重しつつ、皆さんが昔から観ていた日本ならではの『サンダーバード』になるように構成してくれました。『FAB』、『ハイ、パパ』も健在です」と喜びの意を表した。さらに続けて「日本の観客の皆さんにも、この21世紀におけるスーパーマリ
オネーション、そしてセンチュリー21のこれからの冒険を、私と一緒に期待していただければ幸いです」と締めくくった。

 さらに、公開前日となる2022年1月6日にキャスト・スタッフが登壇する先行上映イベント「日本語劇場版『サンダーバード55』大新年会だ!GOGO」の開催も決定。日本語キャストの満島ひかり、井上和彦、森川智之、日本語劇場版構成担当の樋口らの登壇に加え、サプライズ演出、イギリスよりラリビエー監督・プロデューサーのリモート参加も予定されている。また、来場者特典としてイベント限定のオリジナルトートバックもついてくる。

コメント

樋口真嗣(構成担当)

グレートブリテンの伝統の結晶、スーパーマリオネーションの歴史に参加できるという僥倖を授かり、誠に恐悦至極であります。
オリジナルに対する敬意として、新たな解釈や余計な演出を一切排除して、我々が初めて触れた当時と同じく「日本語版」を当時と同じ東北新社様で製作できたことも身に余る光栄です。
満島ひかり嬢の参加により、レディ・ペネロープ像に新鮮なコントラストが与えられたことも見逃せないでしょう。
そして、我々日本語版スタッフのささやかなる挑戦の一つとして、矢島正明さんのナレーションによるオープニングの再構築を致しました。
矢島さんの豊穣なトーンアンドマナーをお楽しみください。

スティーブン・ラリビエー(プロデューサー・監督)

子供の頃から『サンダーバード』のファンだった私は、国際救助隊がスーパーマリオネーションで新たに活躍するのを見たいと常々思っていました。映画監督として、私はそのような冒険譚を創りたいと願っていました。
2015年、1960年代のオリジナル音声をベースにした “新しい”『サンダーバード』の3つのエピソードのプロデューサーになり、それらすべてが実現しました。私と私のスタッフにとって、本物であることは最も重要なことでした。それは1960年代に作られたように見え、感じられなければなりません。私の仕事は世界に通用する映像を作ることと、英語圏に通用するものを作ることでした。
以前日本に住んでいたことがあり日本人や日本の文化を愛している私は、この3つのエピソードが日本で公開されるときには、単に英語に字幕を付けただけではなく、日本の文化に合った形で観てもらいたいと思っていました。樋口真嗣さんは、私たちが作ったものを尊重しつつ、皆さんが昔から観ていた日本ならではの『サンダーバード』になるように構成してくれました。「FAB」、「ハイ、パパ」も健在です。
私たちがこれらのエピソードを作ったとき、伝統的なスーパーマリオネーション技術を使ったことがイギリスで大きなニュースになりました。
樋口真嗣さんは、そのストーリーを日本語劇場版に織り込んでいて、3つの冒険譚だけでなく、1960年代の素晴らしい撮影スタイルの復活を体験することができます。パペットやミニチュアも生まれ変わりました。『サンダーバード55/GOGO』が日本の映画館で上映されることにとてもワクワクしていますし、嬉しく思います。日本の観客の皆さんにも、この21世紀におけるスーパーマリオネーション、そしてセンチュリー21のこれからの冒険を、私と一緒に期待していただければ幸いです。

■公開・配信情報
『サンダーバード55/GOGO』
2022年1月7日(金)劇場上映開始、1月8日(土)オンライン上映開始
プロデューサー:スティーブン・ラリビエー
監督:スティーブン・ラリビエー、ジャスティン・T・リー、デヴィッド・エリオット
脚本:アラン・フェネル、デヴィッド・グラハム、デスモンド・サンダース
特殊効果監督:ジャスティン・T・リー、スティーブン・ラリビエー、デレク・メディングス 音楽:バリー・グレイ スーパーバイザー:デヴィッド・エリオット
オリジナル製作:ジェリー・アンダーソン、シルヴィア・アンダーソン
配給:東北新社/STAR CHANNEL MOVIES
原題:THUNDERBIRDS THE ANNIVERSARY EPISODES(「INTRODUCING THUNDERBIRDS」,「THE ABOMINABLE SNOWMAN」,「THE STATELY HOMES ROBBERIES」)
製作国:イギリス
Thunderbirds TM and (c)ITC Entertainment Group Limited 1964, 1999 and 2021. Licensed by ITV Studios Limited. All rights reserved.
映画公式サイト:tb55movie.com
55周年特設サイト:https://www.tbjapan.com/
公式SNS:@thunderbirds_jp



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる