>  >  > A・シャンクマン監督、ロス・リンチを絶賛

『ステータス・アップデート』アダム・シャンクマン監督、主演のロス・リンチを絶賛

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 『ヘアスプレー』や『glee/グリー』などで知られるアダム・シャンクマン監督による、11月3日に公開される『ステータス・アップデート』についてのコメントが公開された。

 本作は、願いが何でも叶う魔法のアプリを手に入れた青年カイルが、彼女、名声、友人、富、すべてを手にいれた先に辿り着く結末を描いた、愛と人生についての物語。主人公のカイル役を、ディズニー・チャンネルのドラマ『オースティン&アリー』の主演を務め、バンドR5のボーカルとしても活躍しているロス・リンチが務める。また、カイルが想いを寄せるダニー役は、同じくディズニー・チャンネルのドラマ『やってないってば!』のヒロイン役で知られるオリヴィア・ホルトが務める。

 シャンクマン監督は、本作の製作経緯について、「脚本家のジェイソン・フィラルディから持ち込まれたストーリーを読んですぐに製作を決めた。魔法の力が引き起こす物語にずっと魅力を感じていたんだ。ジェイソンは想像力豊かで、彼が最初に脚本を手がけた映画『女神が家にやってきた』で私は監督を務めた。また、彼とは『セブンティーン・アゲイン』でも一緒に仕事をしている」とコメント。また、「魔法が引き起こすおとぎ話のような作品は、たいてい歌とダンスに満ちあふれていて物語に引き込まれる。そして、本作もまた音楽に魅せられたキャストたちによって、歌とダンスは不可欠なシーンになったんだ。ミュージカルシーンはハッピーでキラキラした素晴らしいものに仕上がった! 日常がもっとこんな瞬間であふれればいいのにと思っているよ」と振付師としての技が作品に影響を与えていることを明かした。

 カイル役のロス・リンチについては、「ロスは本当に素晴らしい俳優で、一緒に仕事をする機会に恵まれたのは幸運だった。ロスは歌、ダンス、アイスホッケー、スケートボード…とにかく何でもできるんだ。驚きだよ! それだけじゃなく、彼は価値観もカイルと同じだったんだ。奇跡みたいだ! 彼は誰よりも楽しんで演じていたよ」と評価。本作の見どころについては「この映画を観たら、笑ったり、足でリズムをとったり、とにかく最高に楽しい時間を過ごすことができると思うよ。そして、感情に訴えるたくさんのエピソードが詰まっている。何度も見たくなる映画っていうのは、そういうものがあるのだと思う。ロマンチックで感情的な旅に出かけるような体験ができるよ」と語った。

 最後に「本作の最終目標は“今”と関わりがありながらもジョン・ヒューズのコメディのような愉快で心に響く要素を持ったものをつくりあげることでした。現代のSNS文明への警鐘という社会的テーマもありますが、映画は何より観客を楽しませるエンターテインメントであるべきだと思います。だから、僕はいつもキャラクターに焦点を合わせて、彼らの旅を描きたいと思っています」と数々のヒット作を生み出してきた要因について述べている。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

■公開情報
『ステータス・アップデート』
11月3日(土)より渋谷シネクイント、新宿武蔵野館ほか全国公開
出演:ロス・リンチ、オリヴィア・ホルト、ハーベイ・ギーエン、コートニー・イートン、ロブ・リグル、ファムケ・ヤンセン
監督:スコット・スピアー
製作総指揮:アダム・シャンクマン
脚本:ジェイソン・フィラルディ
配給:AMGエンタテインメント
提供:日活
(c)2017 Status Update, LLC All Rights Reserved
公式サイト:http://status-update.jp/

「『ステータス・アップデート』アダム・シャンクマン監督、主演のロス・リンチを絶賛」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版