>  >  > ポルカ 雫、『×しな』に絶賛コメント

ポルカドットスティングレイ 雫、主題歌担当の玉城ティナ×小関裕太W主演『×しな』を絶賛

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 玉城ティナと小関裕太がW主演を務める映画『わたしに××しなさい!』に、主題歌を担当したポルカドットスティングレイの雫がコメントを寄せた。

 漫画雑誌『なかよし』で連載された遠山えまの同名コミックを実写映画化&ドラマ化した本作は、学園一のモテ男・時雨(小関裕太)が、同じクラスの雪菜(玉城ティナ)にとある秘密を握られたことで、彼女の恋のミッションを受けることになる模様を描いたラブストーリー。『イタズラな kiss THE MOVIE』の佐藤寛太(劇団EXILE)が晶役を、『ミスミソウ』で主演を務めた山田杏奈がマミ役を、『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)出演で人気急上昇の金子大地が氷雨役を演じる。『グッモーエビアン!』『猫なんかよんでもこない。』山本透が監督を務めた。

 主題歌の「ICHIDAIJI」( ×× ver.)を手掛けたのは、人気急上昇中のポルカドットスティングレイ。Vocal/Guitarの雫による、映画では自身初となる書き下ろし楽曲だ。完成した映画を鑑賞した雫は、本作の魅力について、「お互い本当の恋を知らない雪菜と時雨が、恋のミッションを通して、ときに大胆に、不器用に惹かれあっていく様子が、観ていてかなりドキドキしました。これって本気!? もしかしてもうお互いのこと好きになってるのかな!?と、はしゃぎながら観ました。こんな高校生活あればよかったのに…」と語った。

 主題歌の制作過程については、「主人公の雪菜と時雨が、仮面を脱ぎ捨てて本当の恋を知り、結ばれていくイメージを曲にしました。雪菜視点で作曲しました。雪菜は絶対零度の雪女と呼ばれているキャラクターなので『出でよ fire』『絶対零度の fever』など、温度に関する対比の表現をたくさん入れてみました」とコメント。

 一方で苦労した点は、「監督が、我々の別の楽曲に合わせて既に映像を撮られていたため、楽曲のBPMや尺、展開などが決まった状態で曲を作り始めました。ちょっと大変でしたがとても勉強になりましたし、映画にピッタリの曲になって嬉しいです」と振り返る。

 玉城が演じる雪菜の恋愛観について問われると、「一見変わり者で冷めた女に見えがちですが、本当は好奇心旺盛でキュートな女の子で、たまに猪突猛進なところがとても可愛いです。グイグイくる女の子ってとても可愛いと思います」と好意的な様子。最後に、「過激で目が離せない最高の映画に仕上がっております。ドキドキさせられっぱなしです。ぜひ劇場でご覧ください。私もこっそり行きまくります」と公開に向け、メッセージを残した。

■公開情報
『わたしに××しなさい!』
6月23日(土)より新宿バルト9ほか全国公開
出演:玉城ティナ、小関裕太、佐藤寛太、山田杏奈、金子大地、オラキオ、高田里穂
原作:遠山えま『わたしに××しなさい!』(講談社『KC なかよし』刊)
監督・脚本:山本透
脚本:北川亜矢子
配給:ティ・ジョイ
(c)遠山えま/講談社 (c)2018「わたしに××しなさい!」製作委員会
公式サイト:batsu-shina.jp

「ポルカドットスティングレイ 雫、主題歌担当の玉城ティナ×小関裕太W主演『×しな』を絶賛」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版