>  >  > M・マコノヒーらが声優に『SING』公開へ

マシュー・マコノヒー、スカーレット・ヨハンソンらが集結 アニメ映画『SING』2017年に公開

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
20160218-SING.jpg『SING(原題)』キーアート

 マシュー・マコノヒーらが声優を務めるアニメーション映画『SING(原題)』が、2017年に公開されることが決定し、あわせて特報映像が公開された。

 本作は、『ミニオンズ』をはじめ『怪盗グルー』シリーズなどを手がけるイルミネーション・エンターテインメントが、今夏公開される『ペット』に続いて、ユニバーサル・スタジオとタッグを組んで製作した新作アニメーション。ミュージカル・コメディムービーとして、動物たちが住む世界を舞台に、経営が上手く行かない状態が続く劇場の主宰・コアラのバスター・ムーンが、かつての栄光を取り戻すため、世界最高の歌唱コンテストをプロデュースする模様を描く。

 キャストには、劇場の主宰であるコアラのバスター・ムーン役を務めるマシュー・マコノヒーをはじめ、『わたしに会うまでの1600キロ』のリース・ウィザースプーン、『テッド』のセス・マクファーレン、『アベンジャーズ』シリーズのスカーレット・ヨハンソン、『シカゴ』のジョン・C・ライリー、『キングスマン』のタロン・エガートンらが集結する。

映画『SING(原題)』特報映像

 このたび公開された特報では、バスター・ムーンがプロデュースする歌唱コンテストに集まった動物たちが、歌声を披露する模様が映し出されている。特報で使用されている楽曲は、レディー・ガガの「バッド・ロマンス」、クレイジー・タウンの「バタフライ」、シールの「キス・フロム・ア・ローズ」 、ニッキー・ミナージュの「アナコンダ」、クリストファー・クロスの「ライド・ライク・ザ・ウィンド』 、ショッキング・ブルーの「ヴィーナス」の6曲。この6曲を含め、本編では85曲のヒットソングが登場する予定だ。

■公開情報
『SING(原題)』
2017年公開
監督・脚本:ガース・ジェニングス
製作:クリス・メレダンドリ、ジャネット・ヒーリー
キャスト:マシュー・マコノヒー、リース・ウィザースプーン、セス・マクファーレン、スカーレット・ヨハンソン、ジョン・C・ライリー、タロン・エガートン、トリー・ケリー、ニック・クロール、ジェニファー・サンダース、ピーター・セラフィノーウィッチュ、レスリー・ジョーンズ、ジェイ・ファロア、ニック・オファーマン、ベック・ベネット
配給:東宝東和
(c)Universal Studios.
公式サイト:http://sing-movie.jp/

「マシュー・マコノヒー、スカーレット・ヨハンソンらが集結 アニメ映画『SING』2017年に公開」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版