【ONE PIECE考察】ロックスは物語にどんな影響を与える? 黒ひげやシャンクスとの関係を徹底考察

【ONE PIECE考察】ロックスとは?

※本記事は本誌最新話の内容に触れる部分があります。

 『ONE PIECE』の作中には、伝説と呼ばれる海賊が数人登場する。その中で数々の逸話を残しながら、未だ謎に包まれているのがロックス・D・ジーベックだ。

 ロジャーが海賊王になる前に覇権を握っていた彼は、ルフィが激闘を繰り広げているカイドウの元船長でもあった男だ。ロックスとは、一体どのような海賊だったのか。

 今回は気になるロックスと黒ひげやシャンクスとの関係性も含め、ワンピース研究家である神木健児氏に話を聞いた。

「ロックスが率いていた海賊団はロジャー海賊団の前に覇権を握っていた海賊団で、四皇レベルの海賊が当たり前のように在籍していたと判明しています。彼らが集結したそもそもの理由は、“ある儲け話”でした。作中で儲け話と言えば、悪魔の実の売買が最初に思い浮かびますよね。これだけの海賊が集結したと考えると、それこそヒトヒトの実などを巡って争いが勃発したのかもしれません。あとまったく言及されていないのが、クルーである王直と銀斧です。最新話でカイドウがロックス海賊団に所属した回想が、軽く描かれました。今後より詳しく明かされるはずなので、王直と銀斧の正体も必ず明らかになると思います」

 ロックスが滅んだゴッドバレー事件は、38年前に起こった。その時系列と彼自身の名前から、作中屈指のキーマンである2人の男との関係が重要視されている。

「ゴッドバレー事件は38年前に起こりました。世界政府を敵とするロックスが、天竜人とその奴隷を守るガープ、ロジャーと戦い滅んだ事件です。そこに天竜人がいた事実から、現在39歳であるシャンクスとの関係は無視できないでしょう。よく読者の間で、シャンクスはロジャーにゴッドバレーで拾われたのではと言われます。ただ個人的には、シャンクスは良い人であってほしいと思ってるんですよね。なので例えそうであっても善人であると信じたいですが、彼が天竜人である、もしくはマリージョアで生まれた人物である可能性は十分にありえるでしょう。そこの関わりが明るみになれば、シャンクスが五老星と話せていた理由もみえてくると思います。そしてもう1人ロックスと無関係とは思えない海賊が、ルフィの宿敵とも言える黒ひげ、マーシャル・D・ティーチです。黒ひげが拠点としている海賊島『ハチノス』は、ロックスが活躍していた時代に根城にしていた場所でした。また黒ひげの海賊船の名前は、『サーベルオブジーベック号』です。2人の関係性で言うと、私はロックスもヤミヤミの実の能力者だったのではと考えています。作中にてヤミヤミの実の能力は、最凶だと言われていました。もしかしたらカイドウは、そんな最凶の能力を持ったロックスが能力者ではないロジャーに敗北したのを目の当たりにし、『覇気こそがすべてを凌駕する』という考えに至ったのかもしれません。黒ひげの趣味は歴史研究です。彼がロックスの思想を知り共感し、崇拝している可能性は高いですよね」

 時代を担う海賊とまで言われたロックスは、果たして今後の物語にどう影響を及ぼすのか。



関連記事

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「漫画」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる