【漫画】学校に行ったら”何か”がいる……クオリティの高すぎる創作漫画がTwitterで話題

 クリエイターが日々、Twitterを始めとするSNSで投稿しているオリジナル漫画が注目を集めている。目に止まった作品をタイムラインからサクッと読めるのが大きな魅力だが、最近ではプロ/セミプロのクリエイターが送り出すハイクオリティな漫画も多く、商業誌やコミックアプリではなく、SNSであっさり公開されたことに驚く作品も少なくない。

 12月10日に投稿され、およそ2週間で1.2万いいねを獲得したバトル漫画『アオイ深淵ニ咲ク(学校に行ったら「何か」いるし閉じ込められたし) 』も、そのひとつだ。キャラクターのかっこよさ、クリーチャーの恐ろしさなど、素人目にも画力の高さがわかり、かつ喜怒哀楽、さまざまな感情を揺さぶるストーリーも秀逸だ。実は本作を描き上げるまでにスランプもあったという、作者の揚茄子央さん(@age_nasuo)に話を聞いた。

■気になる作品はこちら(続きは画像をクリック)

続きを読むにはこちら

Twitterで話題の漫画記事はこちら



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる