進化し続ける「映像」×「音楽」の最前線 細田守×中村佳穂×常田大希『SWITCH』に登場

進化し続ける「映像」×「音楽」の最前線

 映像と音楽の関わりを紐解く「サウンドトラック2021」特集の『SWITCH』8月号が、7月20日にスイッチ・パブリッシングより発売される。映画・ドラマ・アニメーション・YouTubeなど、様々な映像媒体のコンテンツを彩り、現在の音楽シーンを盛り上げているサウンドトラック。7月16日公開の細田守監督最新作『竜とそばかすの姫』を筆頭に、映像作品との深い関わりから生み出される2021年の音楽の在り方に、改めて焦点を当てる計90ページにわたる特集だ。

 細田守監督最新作『竜とそばかすの姫』徹底特集では、細田と主人公・すず/ベル役を務めたミュージシャンの中村佳穂、そしてメインテーマを手がけた常田大希(millennium parade)、それぞれのインタビューを掲載。さらに声優初挑戦となるYOASOBIとしても活躍するシンガーソングライターの幾田りらインタビュー、音楽を担当した岩崎太整、ルドウィグ・フォシェル、坂東祐大インタビュー、そして海外クリエイター陣への取材を通して、主に「歌」や「音楽」にフォーカスして本作の魅力を紐解く。

 YouTubeフォロワー数が300万人を超え、曲の世界観と完全に融合するMVが支持されるシンガーソングライターのEve、そして昨年10月に「うっせぇわ」で彗星の如く音楽シーンに現れた歌い手・Adoと彼女のイメージディレクターを務めるORIHARAも同誌に初登場。さらにTVドラマ『大豆田とわ子と三人の元夫』(関西テレビ)にてSTUTS&松たか子 with 3exesとして制作された主題歌&エンディングが話題のトラックメイカー・STUTSのインタビューを掲載。ドラマとヒップホップの新たな関係性を提示した本企画の革新性に迫る。

 また、第2特集として、アニメスタジオ「MAPPA」設立10周年を作品とともに振り返るアニメスタジオ「MAPPA」がこれまで生み出してきた名作の数々とともに10年の軌跡を振り返り『呪術廻戦0』『チェンソーマン』といった今後公開予定の新作情報を交えながら、MAPPAの過去・現在・未来を紐解いている。

■書誌情報
『SWITCH』Vol.39 No.8(2021年8月号)
特集:サウンドトラック2021
発売日:2021年7月20日
価格:900円+税
商品ページ:http://www.switch-store.net/SHOP/SW3908.html



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「新作」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる