『Coyote』初の釣り特集で漫画家・矢口高雄追悼企画 『釣りキチ三平』が伝えた釣りの魅力

『Coyote』釣り特集で矢口高雄を特集

 2020年に81歳で逝去した漫画家・矢口高雄の代表作『釣りキチ三平』を手がかりに、釣りの魅力を探求した『Coyote No.74 The Sound of Fishing 川を渡る風、海の音を聴く』が、スイッチ・パブリッシングより7月15日に発売された。

『Coyote No.74』を立ち読みする

画像をクリックして立ち読み

 日本中に釣りブームを巻き起こした『釣りキチ三平』を手がかりに矢口高雄が愛した釣りの魅力、作品に込められた思いを紐解く。

 東北の山間に育った釣り好きの少年・三平三平(みひらさんぺい)は天性の才能とひらめきで各地の古沼や滝つぼなどの大魚を釣り上げていき、ベテラン釣り師たちの度肝を抜いていく。幼少の頃からの大の“釣りキチ”を自称する作者の実体験にもとづく卓越した自然風景の描写、臨場感と迫力に満ちた釣りの描写は今なお多くの読者を魅了し続けている。

 今号ではそんな『釣りキチ三平』の登場人物の言葉や、矢口が遺した言葉を紐解きながら、一本の釣り糸を通して自然との対話を交わす釣りの魅力、魚と真摯に向き合うからこそ見えてくる自然の美しさや、環境問題などさまざまな視点での「釣り」を紹介する。

〈見どころコンテンツ〉
●追悼 矢口高雄 釣りキチ三平が伝えてきたこと
秘蔵のラフスケッチ/母校での授業の模様を特別掲載
●元THE BOOM 宮沢和史が語る矢口マンガの魅力
生前に親交があり、矢口高雄を先生のように慕う宮沢和史が矢口マンガが伝えてきたメッセージを紐解いていく
●テンカラ釣りの名手、渓の翁・瀬畑雄三
数々の人跡未踏の渓を開拓した源流遡行の第一人者の同氏を師と仰ぐサバイバル登山家・服部文祥が話を訊いた
●ドキュメント カジキ一本釣り漁の世界
……and more.

■書誌情報
『Coyote No.74 The Sound of Fishing 川を渡る風、海の音を聴く』
発売:2021年7月15日
価格:1,320円(税込)
http://www.switch-store.net/SHOP/CO0074.html
*スイッチオンラインストア限定特典:表紙イラストレーションステッカー



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「新作」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる