手塚治虫はいかにして名作『ブラック・ジャック』を描いたかーー漫画の神様がどん底で味わった“絶望と希望”

手塚治虫はいかにして名作『ブラック・ジャック』を描いたかーー漫画の神様がどん底で味わった“絶望と希望”

 興奮した面持ちで乱暴にスポーツカーを運転している青年。間もなく青年は派手な事故を起こし、多くの医者が匙を投げるほどの重傷を負う。

 青年の父で世界一の大富豪ニクラは金に物を言わせて、正体不明の名医ブラック・ジャックを日本から呼び寄せる。

 青年の状態を見たブラック・ジャックは、肉体の多くを移植する必要があるため、彼のために命を犠牲する人物が必要と告げるが……莫大な額の代金と引き換えに、天才的な技術の外科手術を行なう無免許医の物語『ブラック・ジャック』は、こうして始まった。

 少年漫画の枠を超えた重厚な人間ドラマが高く評価され、アニメ・実写を問わず何度も映像化されるなど時代を超えた名作であり、手塚治虫の代表作のひとつに数えられる本作だが、『週刊少年チャンピオン』で連載が開始された1973年当時、手塚治虫がどんな状況に置かれていたのかご存じだろうか。

 まず1970年代初頭、漫画家・手塚治虫がどのような評価を受けていたのかを説明しよう。

 当時『週刊少年マガジン』で連載されていた『巨人の星』や『タイガーマスク』、『あしたのジョー』など、60年代半ばに起こった劇画ブームのテイストを取り入れた作品の大ヒットにより、漫画の読者層はこれまでの少年少女から“青年”や“大人”にまで広がっていた。

 同時に若者の間で流行していたカウンターカルチャーの影響で、既存の価値観や従来の道徳・常識から外れた作品が多く発表され、漫画界全体が大きく変容を迎えていた。そんななか戦後間もなくの『新宝島』発表以降、『鉄腕アトム』『ジャングル大帝』『リボンの騎士』などで漫画界をけん引していた手塚治虫は、過去の大ヒット作のイメージを払しょくすることができずにいた。

 実際には『週刊漫画サンデー』などの大人向け漫画雑誌で実験的な作品も発表していたが、それらの作品は多くの読者の目にとまらず、ヒューマニズムあふれる作品を描く、時代遅れの作家と見なす向きがほとんどだったのだ。

 『ブラック・ジャック創作秘話』によれば、秋田書店で『ブラック・ジャック』の初代担当を務めた岡本三司も、実業之日本社で手塚治虫の担当に就き、後に手塚プロダクションの社長となる松谷孝征も担当を命じられた当時、今さら手塚治虫かよ、と感じていたという。

 さらに人気の陰りだけでなく、経済的にも手塚治虫は大きな危機に立っていた。

 株式会社虫プロダクション(以下、虫プロダクション)と虫プロ商事の業績悪化である。

 手塚治虫の念願だったアニメ制作スタジオ、虫プロダクションは日本初の連続テレビアニメシリーズ『鉄腕アトム』などのヒット作を生んだが、新規のアニメ制作スタジオが設立されるにつれ、テレビ局からの受注が減り、経営は悪化していった。

 虫プロ商事は、虫プロダクションをアニメ制作に特化させるため、版権部と出版部と営業部を独立させた子会社であったが、独自に制作したアニメ『アニマル1』と特撮テレビシリーズ『バンパイヤ』の失敗、また後に『宇宙戦艦ヤマト』のプロデューサーを務める西崎義展による性急な社内改革による混乱などが重なり、1973年8月に倒産する。

 虫プロ商事の倒産により、金融筋からの信用を失った親会社である虫プロダクションも11月に倒産。負債額はそれぞれ1億2000万円と3億5000万円だったという。

 手塚治虫はこれらの負債総額を個人的に引き取った。『ブラック・ジャック』の連載に着手したのは、こうした状況下であった。

 『ブラック・ジャック』の第1話「医者はどこだ!」が掲載されたのは『週刊少年チャンピオン』1973年11月19日号。漫画家生活30周年記念・手塚治虫ワンマン劇場と銘打たれていたものの、実情は全4〜5話程度の短期集中読み切り連載の予定で、手塚治虫の他作品のキャラクターをゲストとして登場させるオールスターシステムを売りにしようとしていた、いわゆる“企画もの”の色が強い作品だった(事実第1話だけでロックやお茶の水博士、アセチレン・ランプほか多くのキャラが登場している)。

 当時の同誌の編集長、壁村耐三が新人時代から手塚治虫と縁が深かったこともあり、仕事が減少していた手塚治虫への最後の花道の意味合いもあったのかもしれない。この五週後に同誌で、ジャンル被りの医療漫画『負けずの大五』の連載が始まっていることから、編集部が『ブラック・ジャック』にさして期待をかけていなかったことも伺われる。

 手塚治虫が前述のような状況にあったことを思えば、それも納得がいくだろう。

 しかし予定であった4〜5回を過ぎても『ブラック・ジャック』の連載は終わらなかった。当時権限が大きかったという壁村編集長の独断だったのかもしれない。アンケートなどの反応も連載当初は決して良いものではなかったが、連載第4話にあたる「アナフィラキシー」では巻頭カラー増大30ページという破格の扱いで掲載された。

 そして1年ほど経つとアンケートの順位も高い位置で安定して、『ドカベン』『がきデカ』と並んで週刊少年チャンピオンの黄金期を支える柱のひとつになった。その後の作品の評価については、冒頭で述べたとおりだ。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「書評」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる