辛酸なめ子、おじさんとの恋愛小説『電車のおじさん』 各界から絶賛コメント

辛酸なめ子、おじさんとの恋愛小説『電車のおじさん』 各界から絶賛コメント

  辛酸なめ子による、リアルな恋愛を凌駕するプラトニック・ラブストーリー『電車のおじさん』(小学館/発売中)が各界で話題となり、ブックジャーナリスト・内田剛氏と有隣堂藤沢店・佐伯敦子氏、丸善お茶の水店・山内百合氏のコメントが公開された。

ストーリー

 お茶の水の文房具会社に出勤するOL・玉恵はある日、通勤電車内で、突然知らないおじさんに怒鳴られた。以来、そのむかつくおじさんのことを毎日毎日思いだし、いつしか脳内にそのおじさんの幻影を飼い慣らしてしまうほどに。もう二度と会うことのない人だと思っていたおじさんを、たまたま街角で見かけた玉恵は、そっとあとをつけてみた。そんなことを繰り返すうちに最悪な出会いを果たしたはずのおじさんが、気になる存在となり、玉恵の心を大きく占めていく。ふたりの恋の終着駅は……?

コメント

ブックジャーナリスト・内田剛
枯れた枝ほど味がある!
この観察眼恐るべし! 立ち読みできない面白さがここに。
探しませんか? 推しおじさん。

有隣堂藤沢店・佐伯敦子
面白い! 暴走する玉恵の妄想が最高。
ちょっと大人のOL女子、あるあるです。
久しぶりに「あははっ!」と声を出して大笑いしました。
〝心に推しおじさんを持つ〟いいかもしれない。

丸善お茶の水店・山内百合
こんなにおじさん愛に溢れた本を初めて読みました。
妄想プラトニックラブ、一緒に体験してみませんか。

辛酸なめ子 コメント

 冒頭、玉恵が電車でおじさんに押されて、「なんでそんなに押してくるんですか!」と思わず抗議したら「何を言っているんだ、お前は!!」とキレられたシーンがありますが、私自身に実際にあった体験です。おじさんに怒鳴られ、理不尽な思いにとらわれましたが、あのおじさんにもキレたい事情があったり、実は優しい一面もあるのかもしれない、と妄想していたのが、小説のきっかけとなりました。小説を書きながら、街で見かけた愛すべき変なおじさんたち(電車で猫の鳴きまねをしたり)の言動をメモ帳に書き留めて、何人かは小説に入れさせていただきました。電車のおじさんの背景や事情について考えていくのと、実際の父親の体調の衰えが重なり、おじさんに対する思いも変化していきました。老いや死を少しずつ受け入れながらも、自分の体や心が思い通りにならないことに戸惑っていて、それで感情が不安定になってしまっている姿に、いたわりやねぎらいの気持ちが芽生えました。この姿を見せてくれることで、人生の後輩に何か学ばせてくれているのでしょう。おじさんたちに感謝と尊敬の気持ちを抱いていけば、それが相手にも伝わり、おじさんの心も平和になるかもしれません。今は、街で見かけたおじさんたちが元気でいることを祈るばかりです。そして小説の電車のおじさんも、きっとどこか安全な場所で穏やかに暮らしていることでしょう……。

■書籍情報
『電車のおじさん』
辛酸なめ子 著
定価:1650円(税込)
判型:四六版・240頁
出版社:小学館
公式サイト:https://www.shogakukan.co.jp/books/09386606

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「新作」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる