「こち亀」中川は壊れるとヤバい! 全裸モノマネから拳銃乱射まで、失態を振り返る

「こち亀」中川は壊れるとヤバい! 全裸モノマネから拳銃乱射まで、失態を振り返る

 財閥の息子でありながら警察官となり、両津勘吉の相棒として長年コンビを組んだ中川圭一。当初は問題児だったものの、回を重ねるごとに冷静で気配りのできる常識人として、両津をなだめることが多くなり、好青年キャラが定着した。

 そんな中川だが、突如キャラが壊れ、両津さえもドン引きする行動に出ることがあった。本稿では改めて、中川の「壊れ回」を見てみよう。

局部を振り回して壊れる

 両津、ボルボ、本田など、署のメンバーと銭湯に行くことになった中川。当然のように局部をタオルで隠し、浴槽に入ろうとする。そんな中川に対し、先に浴槽に入っていた両津は、「中川、前を隠すなよ」と注意を与え、ボルボも「そうだよ、まったく」と憤る。「えっ?」と不思議そうにする中川に、「男同士なんだから隠す必要ないだろ」と両津。

 さらに両津は「取っちゃえよ、こんなの」と言って、タオルを取ろうとするが、中川は拒否。ボルボは「隠すから余計気になるんだ」と話し、両津も「そうだよ、とんでもないものがついていると思うだろ」と憤る。

 そして「手ぬぐいってのは、肩にかけて、前を堂々と見せてはいるべきだ」と指導し、タオルを取ろうとする両津。しかし、中川は「無理に引っ張らないで」と譲らない。両津は「そこまで強硬となると物凄い形をしていると思うぞ」と話す。

 頑なにタオルを取らない中川に両津は後ろに回ってタオルを取り上げると、壁の向こう側にある女風呂へ投げ捨てる。それでも隠そうとする中川を両津は羽交い締めにし、ボルボが「モノ」を確認する。表情を変えないボルボは「普通のものだ」とポツリ。両津は「般若の入れ墨でもしてあるのかと思ったよ。普通のもので騒ぎやがって」と怒る。

 さらに本田が局部を隠さず入ってくると、「本田は下町育ちだから隠さない」「中川は下町を馬鹿にして、隠して入るんだよ。小市民なんかに自分のを見せてたまるかと」と指摘。そして両津は子供の頃の行動として、局部を回転させる、横にゆすったうえで、浴槽に入るよう命令する。

 やけくその中川は、局部を見せ「ハロー」と回転させ、「一番風呂最高」と横に揺すってみせた。そんな様子に両津は「動きがいい」と絶賛し、「吹っ切れたな中川くん。これで君も下町の仲間入りだ」と褒めた(106巻)

 冷静沈着な中川が局部を露出し、振り回す。かなり、衝撃的な光景だった。

全裸でナマケモノに

 秋の旅行会を開くことになった新葛飾署。中川は麗子から、行き先が男女で異なり、男性のみ予算1人100円の熱海旅行であることを告げられると卒倒してしまう。

 不安を覚えた中川は、幹事の両津に食べ物を缶詰にするよう交渉するが、1人あたり3円の刺し身の盛り合わせ、素泊まりで62円のホテルに宿泊することが決まったと告げられる。説得しようとする中川だったが、ネットで検索中の両津に「うるせえ」と怒鳴られ、覚悟を決めた。

 当日、謎の豪華バスで、出どころ不明の日本酒を飲みながら熱海に向かった一行。中川は不安から酒を飲みすぎて酔っ払ってしまい、ホテルに到着。理由は明かされなかったが、中川が確認するとたしかに宿泊費は1人62円だった。一行が部屋に入ると、祈祷師が訪れ、謎のお祓い。さらに両津は清めの塩を撒く。

 さらに両津は中川と本田に「444号室」に泊まるよう案内する。その部屋はいわくつきで、壁に御札が貼られており、女将が「何かあったら数珠を持って悪霊退散と叫んでほしい」と頼む、かなり不気味な部屋だった。

 「遊園地のお化け屋敷より怖い」と叫ぶ本田に、中川は「酔って全てを忘れたい」と言い残し、夕食へ。出された料理は予算3円にもかかわらず、フグや松茸、キャビアなど上物ばかり。中川は本田に「手を付けないほうがいい」と忠告するが、一行は全く気にせず食べる。

 そんな様子を見てパニックになった中川は「全部食べてやる」と壊れ、「不安を消すため早く酔うぞ」とワインをラッパ飲み。両津が「ワケアリのワイン」と持ってきたロマネコンティも「綺麗事なんか言ってられない」とラッパ飲みする。

 酔った中川は新人警察官が裸芸をしている様子を見ると、「こら、新人。甘いぞ。裸など芸じゃない。裸から何をやるかが芸だろ」と立腹。止める両津を投げ飛ばすと裸になり、天井にしがみついて動き回り「働き者のナマケモノじゃ~」と叫んだ。

 数日後、署で話す両津と本田、そして麗子と中川。中川は「全然記憶がなくて…」と頭を抱える。麗子は「裸でホテルを5時間走り回ったんだって」と呆れ気味。本田は「あれ以来悪霊が出なくなったそうです」両津も「中川がお祓いしたんじゃないの」と話した。(150巻)

 1人100円の予算にもかかわらず正体不明の高級品が出続けることに壊れてしまった中川。当然といえば当然なのだが、その壊れぶりは両津をも驚かせるものだった。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「書評」の最新記事

もっとみる