『チェンソーマン』漫画史に残る壮絶な描写とは? 最新刊は前人未到の領域へ

『チェンソーマン』漫画史に残る壮絶な描写とは? 最新刊は前人未到の領域へ

 予測不能の展開で読者を翻弄してきた藤本タツキの『チェンソーマン』(集英社)だが、11月4日に発売された第9巻で、物語は急展開を見せた。『週刊少年ジャンプ』で連載されている本作は、悪魔が存在する架空の日本を舞台にしたオカルトバトル漫画。

 チェンソーの悪魔と契約した少年・デンジが、公安対魔特異4課のデビルハンターとして悪魔や魔人と戦う姿を描いた本作は、圧倒的な描写力と先が読めないストーリーが話題となっており、毎週ジャンプが発売される月曜になると『チェンソーマン』に関連した単語がTwitterのトレンドワードに登場する。

藤本タツキ前作『ファイアパンチ』1巻

まだ、アニメ化されていない漫画が、SNSでここまで話題になる状況は異例のことで、あらゆる娯楽作の中で現在、もっともスリリングな作品が『チェンソーマン』だと言えるだろう。

 もちろん、「ジャンプ+」で配信された前作『ファイアパンチ』(集英社、全8巻)が高く評価され、その成功を踏まえてのジャンプ本誌での連載だったため、当初から期待値は高かったのだが、この9巻から前人未到の領域に足を踏み入れたように感じる。

 一話一話の漫画としての完成度が異常に高い一方、次のページで何が起こるかわからない緊張感が漂っている。いつ破綻してもおかしくない危うい魅力が本作にはあり、だからこそ目が離せない。

以下、ネタバレあり。

 9巻ではデビルハンターの早川アキ、血の魔人・パワーといっしょに日々を過ごすデンジの姿が描かれると同時に、「銃の悪魔」との壮絶な戦いが描かれた。

 地獄で「闇の悪魔」と戦ったことで、多くの仲間を失った公安対魔4課。アキは片腕を失い、パワーは「闇の悪魔」と戦ったショックで心を病んでいた。パワーの介護をしながら淡々と暮らすアキとデンジ。やがてアキは、3人の暮らしを守るために、悲願だった「銃の悪魔」討伐遠征の不参加を申し出る。

 驚いたのは、連載で読んだ時とは物語の印象が大きく変わったことだ。連載では、デンジが弱っているパワーをいたわり、一緒にシャワーを浴びるシーンや寝るシーンのビジュアル面でのインパクトや、エッチな事をしているはずなのに、まったく嬉しくないデンジの心情描写がショックで、物語の流れは頭に入ってこなかった。しかし、単行本で読むと、デンジ、アキ、パワーの間に疑似家族的なつながりがじわじわと形成されていく姿を、実に丁寧に描いていたことがよくわかる。

 特に素晴らしかったのが、アキの墓参りにデンジとパワーが同行して北海道に向かう第72話「みんな一緒」。はしゃぐパワーとデンジに終始翻弄されていたアキが「毎年墓行くとヤな事ばっか思い出すから憂鬱だったんだ」「でも今回はお前等がうるさくて浸る暇もなかったよ」と吹雪が舞い散る外を見ながらデンジに言う場面はとても印象的で、クールでドライな描き方なのに3人の関係はとても暖かく見える。殺伐とした戦いの印象が強い作品だけに、こういう人と人のつながりを描ける作家だったのかと、改めて驚かされた。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「漫画」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる