『鬼滅の刃』読者が「沼」にハマる理由 『千と千尋の神隠し』『君の名は。』に通じる古神道・民俗学の視点から読み解く

『鬼滅の刃』読者が「沼」にハマる理由 『千と千尋の神隠し』『君の名は。』に通じる古神道・民俗学の視点から読み解く

 日本映画史上最速で興行収入100億円を突破した『鬼滅の刃』。ここまで大ヒットした理由を「分からない」と首を捻る映画評論家も多い。本稿では原作の人気が出るまでに時間が掛かった点に着目、ヒットの要因を分析する。

打ち切りもありえた原作

 『鬼滅の刃』は連載初期の頃、掲載順が15位前後で打ち切りの当落線上にあった事は、少年ジャンプの読者ならご存知だろう。我妻善逸という人気投票1位のキャラクターを得て、アニメ化決定まで昇り詰めてきた。つまりはキャラクター人気が一番のヒット要因なのだが、そのように断じてしまうには不可解なほど売上が突出しているからこそ、理由が「分からない」と言われるのだろう。

 『鬼滅の刃』がアニメ化に掛かった話数、および連載開始→アニメ化発表までの日数を他と比較すると、

『約束のネバーランド』 88話

16年8月1日 → 18年5月28日(665日)

『鬼滅の刃』 112話

16年2月15日 → 18年6月4日(840日)

『ぼくたちは勉強ができない』 76話

17年2月6日 → 18年8月27日(567日)

『Dr.STONE』 83話

17年3月6日 → 18年11月19日(623日)

『呪術廻戦』 107話

18年3月5日 → 20年5月20日(807日)

 『鬼滅』は『呪術廻戦』と同じく2周年記念の時に発表されているが、後者はコロナ自粛期間中にも関わらず発表から4か月半後に放送が始まっている事から(『約ネバ』『ぼく勉』『ドクスト』はいずれも7か月半後)、企画自体は『鬼滅』より短い話数で編集部から許諾が下りていたと推測される。

 アニメ化を原作の人気を示す1つのバロメーターとして捉えた場合、『鬼滅』は直近の5作品の中では最も、人気が出るのに時間が掛かった作品だと言える。

『鬼滅の刃(17)』

 この傾向はアニメ化以降も続き、現在の『鬼滅』ブームをマスコミが取り上げるようになったのはアニメ放送終了後、原作17巻が書店から姿を消し、続く18巻がオリコン1位を獲得したのを一斉に報じたのが最初である。翌年2月10日にはオリコン史上初の1位~10位を独占するおまけ付きだ。

 では、なぜ時間を要したのか。『幽☆遊☆白書』の飛影&蔵馬をはじめ、キャラクター人気に支えられた原作漫画はアニメ化直後から初動型のセールスを記録していた。90年代とは放送形態が異なる点を差し引いても、『鬼滅の刃』に生じた原作のジワ売れ現象には別の要因が働いているとしか考えられない。

 ロングセールスは、長期連載となりストーリーが評価された作品に多く見られる現象である。そこにブームの理由が隠されているはずだ。

「沼」にハマる人が続出

 『鬼滅の刃』のストーリーは、「永遠」の生を享受する鬼と、「継承」を行ってきた鬼殺隊の対立構図で描かれる。

 鬼殺隊は育手による後進育成制度を有した組織だ。ゆえに個々の存在が希薄であり、いわゆる「推し」がばたばた死ぬ。後進はその剣の技術と魂を継承し、次の世代へと命を繋いでいく。 

 神回と呼ばれる19話「ヒノカミ」では、絶体絶命に追い詰められた炭治郎が、父から継承したヒノカミ神楽で窮地を脱する。『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』では、炎柱・煉獄杏寿郎から炭治郎へ、ヒノカミ神楽のヒントと「心を燃やせ」の台詞が継承される。

 いずれもここぞという重要な場面で、継承のテーマが効果的に発揮されている。「推し」に感情移入すればするほど、キャラクターの背景にある深みにハマっていく。アニメファンの間ではこれを「沼」と呼ぶ。

 『鬼滅の刃』が他の作品と違ったのは、キャラクター人気が出た後に「推し」を通じて、継承していく命の重さや、後述する大正時代の世界観が、見る者に過不足なく伝えられた所にあるだろう。

 『鬼滅の刃』は、アニメから新規で入り、うかつに原作に手を出してしまった人達を、次々と底なしの「沼」へと引きずり込んだ。まるで炭治郎が最初の任務で戦った沼の鬼だ。

 17巻・18巻と言えば、父から継承した剣の技術と、煉獄さんから継承した魂が融合する、原作の中でも肝心要の巻である。アニメが放送終了し原作がジワ売れするまでには、新規の読者を感動させる時間が必要だったという訳だ。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「漫画」の最新記事

もっとみる