『進撃の巨人』いよいよクライマックス間近! 残酷な展開で読ませる、諫山創の真骨頂

『進撃の巨人』いよいよクライマックス間近! 残酷な展開で読ませる、諫山創の真骨頂

 第32巻が発売され、今まで以上に緊張感が増している『進撃の巨人』(講談社)。月刊誌の『別冊少年マガジン』で諫山創が11年に渡って連載している本作は、巨大な壁に囲まれた街を襲う巨人たちと人類の戦いを描いたダークファンタジー。謎が小出しにされていくミステリアスな物語と、魅力的なキャラクターたちが織りなす複雑な群像劇が話題となり、本作は2010年代を代表する大ヒット漫画となった。

 2019年末に刊行された第30巻では、巨人誕生にまつわる世界の謎がついに解明され、いよいよ物語はクライマックス間近。しかし、巨人を前にしても団結できずに争い続ける人間の弱さと残酷さを容赦なく描いてきた本作だけに、なかなか一筋縄ではないかない。

以下ネタバレあり。

 この32巻では、今まで対立していたパラディ島の調査兵団たちと、彼らを滅ぼそうとしていたマーレ軍の残党が共闘する場面が描かれた。

 始祖の巨人の力を手に入れたエレンは、おぞましい姿に変貌しパラディ島の壁の中に閉じ込められていた巨人たちを開放し、パラディ島以外の世界を「地ならし」で滅ぼそうとする。

 ミカサ、アルミン、ジャン、コニー、ハンジ、リヴァイたち調査兵団の生き残りと、マーレ軍の生き残りのライナー、ピーク、マガト、アニ、戦士候補生のガビとファルコ。捕獲された反マーレ派義勇兵のイェレナとオニャンコポンたちはエレンの虐殺を止めるための同盟を組むために、シチューを食べながら語り合うのだが、今まで殺し合っていた人々が簡単に団結できるわけもなく胃が痛くなるような気まずい雰囲気が続く。

 そして仲間のマルコをライナーたちが殺した際の話となった時に、ジャンがブチギレてライナーに飛びかかる。「俺達はまだ話し合っていない」というマルコの最期の言葉を知ったことでみんなが一致団結しようと思いながらも中々、わだかまりが消えないという苦しい現実を、これでもかと本作は描き続ける。

 その後、ミカサたちは飛行艇を借りるために、パラディ島に駐在するヒィズル国のアズマビトに接触しようと港へ向かうのだが、すでにエレンを支持するイェーガー派の兵士たちが占拠しており、アズマビトのリーダー・キヨミと技術者たちを拘束していた。

 兵士を皆殺しにして飛行艇を奪うと主張するアニに対し、ミカサたちは、アズマビトがいないと飛行艇の整備ができないと反論。同時に、同じパラディ島の仲間であるイェーガー派の兵士たちから死傷者を出したくないとためらう。ここまで来て、目的のために仲間を犠牲にしていいのか? と問いかけるのが本作の残酷さだ。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「漫画」の最新記事

もっとみる