時間は逆戻りする可能性がある? ホーキング博士の最後の弟子がとなえる、驚異の最新物理学とは

時間は逆戻りする可能性がある? ホーキング博士の最後の弟子がとなえる、驚異の最新物理学とは

 『バック・トゥ・ザ・フューチャー』や『ターミネーター』、『ドラえもん』に『テルマエ・ロマエ』など、「タイムトラベル」をモチーフとした作品は枚挙に暇がない。それだけ人は過去や未来に憧憬を抱いているわけで、読者の中にも「あの時にああしていればなぁ」だとか「昔の自分に教えてやりたい」といった空想に耽ることのある人も少なくないはずだ。しかし言うまでもなく、時間の流れというのは厳としてあり、戻ることも先行くこともできないというのが常識である。もしそんなことができると真顔で言おうものなら、つまらない冗談だと思われるのが関の山だろう。……のはずなのだが、現代科学の最前線ではどうやらそうでもないらしい。少なくとも「時の逆戻り」については、可能性があると真顔で言ってのける学者たちがいる。

「時間が逆転する現象」がとらえられた?

 本書『時間は逆戻りするのか 宇宙から量子まで、可能性のすべて 』(ブルーバックス)の著者もその一人。あのスティーヴン・ホーキング博士の薫陶を受けた物理学者で、本書では最新の理論物理学を用いながら、「時が戻る」可能性について考察している。

 時が戻る。本当だとしたら夢のような話だが、そもそも時の流れは絶対不変ではなく、状況によって伸び縮みするということは、アインシュタインが100年以上前に発見している。本書ではその相対性理論を手始めに、量子力学、エントロピーなどを「時間を考えるための物理学」として紹介。その上で、最新の物理学に論を進め、「時の逆戻り」の可能性について考えていく。

 超弦理論やループ量子重力理論、また宇宙論を専門とする著者はこうした理論から展開される宇宙像にも触れる。時間について考える時、宇宙は切っても切り離せないからだ。そこで語られるものは、「時間は戻らない」というごく当たり前の認識を覆すものばかりである。

 宇宙が膨張と収縮のサイクルを繰り返しているとするサイクリック宇宙では、その収縮時に宇宙全体の歴史が逆戻りする可能性があるという。しかも現在の宇宙は、すでにそのサイクルを50回程度繰り返しているという説もあるそうだ。また、ループ量子重力理論では時間の概念そのものを否定している(この理論を提唱するカルロ・ロヴェッリは『時間は存在しない』という著書も出している)。その他にもダークエネルギーやダークマター、ブラックホールの存在など、まだ人類が解明できていない宇宙のさまざまな要素において、時間の逆転という現象はあり得る話なのだという。

   実際、2019年には量子コンピューターを用いた実験で初めて「時間が逆転する現象」がとらえられたそうだ。これは量子レベルで観測されたもので、人間が生身で認識する世界に当てはまることではないが、少なくともミクロの世界ではそれが起こることがわかったのだ。

 どれもにわかに信じられないことだが、著者はこう言う。

宇宙では、常識を超えたこと、想像を超えたことが、あたりまえのように起こっているのをしばしば目のあたりにします。宇宙とは、まさに何でもありと言えるほど可能性にあふれた世界です。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「カルチャー」の最新記事

もっとみる