星野源『AERA』表紙&インタビューに登場 次号からは大人気連載「ふたりきりで話そう」が限定復活

星野源『AERA』表紙&インタビューに登場 次号からは大人気連載「ふたりきりで話そう」が限定復活

 ソロデビュー10周年を迎えた星野源が表紙を飾る『AERA』7月6日増大号が、6月27日に朝日新聞出版より発売される。

 「うちで踊ろう」で新型コロナウイルスの不安に沈む日本に一大ムーブメントを巻き起こした星野は、7月12日に初ライブを開催したのと同じ場所で配信ライブを開催することや、10月21日にシングル全11作品を収めたシングルボックスを発売することも発表されるなど、大きな話題が続いている。

 今号のカラー5ページに及ぶインタビューでは、「うちで踊ろう」を通じて感じたこと、発表したばかりの新曲『折り合い』、そして10周年の“先”に抱く希望まで、縦横無尽に語っている。さらに、次号となる7月6日発売号と7月13日発売号では、ドラマ『MIU404』の監督を務める塚原あゆ子をゲストに招き、大人気連載「星野源 ふたりきりで話そう」が復活することも決定した。

 表紙の撮影はステイホームの期間が明けて、ドラマ『MIU404』の撮影が始まるまでの間隙を縫って短時間のうちに行われ、別途、Zoomの分割画面越しにインタビューが実現。5ページに及ぶカラーグラビア&インタビューを貫くのは、「ばらばらのまま、重なり合おうよ」というメッセージ。「うちで踊ろう」でやりたかったこと、初のソロアルバム『ばかのうた』から『折り合い』まで続く自身のスタイル、音楽を作る楽しさ――。10年間、「このままじゃいけない」という気持ちを持ち続けてきたことで、絶望することもあるけれど、希望を抱くことも確実にある。だからこそこれからも、広く音楽を届け、ライブをして、いろんな人と話がしたいと語った。

 今号の巻頭特集は、『AERA』が提案する「新しい生活常識27」。マスク着用、人との距離は2メートル、食事中のおしゃべりは控える……など、様々なことが言われていますが、『AERA』はこの「新しい生活様式」を、感染拡大防止の効果は維持しつつ、より合理的で続けやすい形にアップデートすることを試みた。マスクの着脱、消毒の効果から、オフィス、会食の席で気をつけること、日々の生活のなかでできることまで、4人の専門家に取材し、提示している。

■雑誌情報
『AERA(アエラ)』2020年7月6日増大号
特別定価:391円+税
発売日:2020年6月27日(土曜日)
https://www.amazon.co.jp/dp/B088N8X35X

<参考>
「星野源 ふたりきりで話そう 前編」
『AERA(アエラ)』2020年7月13日号
定価:364円+税
発売日:2020年7月6日

「星野源 ふたりきりで話そう 後編」
『AERA(アエラ)』2020年7月20日号
定価:364円+税発売日:2020年7月13日

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「新作」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる