注目の詩人・最果タヒ初の絵本『ここは』 及川賢治(100%ORANGE)との共著

注目の詩人・最果タヒ初の絵本『ここは』 及川賢治(100%ORANGE)との共著

 若い世代から圧倒的な支持を得ている詩人・最果タヒと及川賢治(100%ORANGE)が、過去・現在・未来の「すべての子どもたちと親たち」へ贈る、絵本『ここは』が6月26日に河出書房新社より発売される。

 最果タヒは2006年、現代詩手帖賞を受賞しデビュー。2007年、第一詩集『グッドモーニング』で中原中也賞を受賞、以来数々の詩集、著作で人気を博し、若い世代を中心に圧倒的な支持を得ている。また、2017年には詩集『夜空はいつでも最高密度の青色だ』が映画化、2020年NHK『ノーナレ』他テレビ番組での特集、2019年の横浜美術館『最果タヒ 詩の展示』など、様々なジャンルに活躍の場を広げる注目の詩人。

 及川賢治は「100%ORANGE」としてデビュー以来、イラスト、絵本、漫画他幅広い分野で活躍。絵本では2007年に『よしおくんがぎゅうにゅうをこぼしてしまったおはなし』で第13回日本絵本賞大賞を受賞。『ぶぅさんのブー』『まる さんかく ぞう』等、これまで多くの人気作品を発表している。

 最果と及川によって書かれ、描かれた本書は、お母さんの膝の上に座る「ぼく」の視点から、様々な「ここ」のあり方をとらえ直すことで、日常では見失いがちな自分の居場所、世界の広さと可能性に改めて気づかされる、メッセージにあふれた1冊となっている。

 本書刊行に際し、両著者による刊行記念エッセイを河出書房新社のサイト「Web河出」(http://web.kawade.co.jp/bungei/3645/)にて公開。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

著者メッセージ(本書 店頭用拡材より)

ぼくがここにいることは、
確かだけど、不確かで、
だからずっとわくわくしている。
──最果タヒ

ひとりひとりに「ここは」がある。
そんなふうに考えながら
絵を描きました。
──及川賢治(100%ORANGE)

■書籍情報
『ここは』
著者:最果タヒ  文 及川賢治(100%ORANGE)絵
デザイン:有山達也+山本祐依(アリヤマデザインストア)
出版社:河出書房新社
発売日:2020年6月26日(予定)
定価:本体1,300円(税別)
http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309290850/

 ■対象年齢
読みきかせ:1~2才から
自分で読む:年長~小学低学年から

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「新作」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる