深川麻衣が表紙を飾る『小説 野性時代』7月号 筒井康隆の読み切り短編掲載

深川麻衣が表紙を飾る『小説 野性時代』7月号 筒井康隆の読み切り短編掲載

 深川麻衣が表紙を飾った、月刊文芸小説誌『小説 野性時代』2020年7月号(No.200)が、2020年6月11日にKADOKAWAより発売された。

 今号から始まった特別企画として、「野性時代的 二十歳のころ」と題し、どんな世代の誰にも、一度だけ訪れる二十歳のころの物語を、作家たちが描く。不定期特別企画の記念すべきトップ・バッターは、筒井康隆。読み切り短編「一九五五年二十歳」を収録。

 さらに読切作品として、人気シリーズ第5弾となる山本一力「湯どうふ牡丹雪 長兵衛天眼帳」を掲載。

 連載作品としては、辻村深月「闇祓」、宮部みゆき「三島屋変調百物語七之続」を掲載。深町秋生の「煉獄の獅子たち」は最終回を迎える。

■書誌情報
『小説 野性時代』第200号 2020年7月号
定価:880円(本体800円+税)
発売日:2020年06月11日
https://www.kadokawa.co.jp/product/322002000125/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「新作」の最新記事

もっとみる