履正社、仙台育英、県相模原……高校野球強豪校の名匠が明かす『打撃技術の極意』

履正社、仙台育英、県相模原……高校野球強豪校の名匠が明かす『打撃技術の極意』

 高校野球強豪校の中でも「打撃指導」に定評のある名将6人の極意をまとめた書籍『高校野球界の監督がここまで明かす! 打撃技術の極意』が、5月25日にカンゼンから発売される。同書は、2018年刊行の重版もした『高校野球界の監督がここまで明かす! 野球技術の極意』の第2弾となる。

 名匠が球児たちへ贈る、一気にバッティングを進化させるマル秘上達メソッドが紹介されている。また、本文中で紹介している練習メニューの一部はスマートフォンなどを使用しQRコードを読み取ることで、動画で確認することができる。

 さらに特別収録として、スコアラーである三井康浩、スポーツ科学の研究者である神事努も「プロが語る『打撃論』」と題し、打撃技術について語っている。

 なお、収録高校と監督は、履正社(岡田龍生監督)、明石商(狭間善徳監督)、仙台育英(須江航監督)、明豊(川崎絢平監督)、米子東(紙本庸由監督)、県相模原(佐相眞澄監督)の6校6名である。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

■著者:大利実(おおとし・みのる)プロフィール
1977年生まれ、横浜市港南区出身。港南台高(現・横浜栄高)、成蹊大。スポーツライターの事務所を経て、2003年に独立。中学軟式野球や高校野球を中心に取材・執筆活動を行っている。『野球太郎』『中学野球太郎』『ホームラン』(廣済堂出版)、『ベースボール神奈川』(侍athlete)などで執筆。著書に『中学の部活から学ぶ わが子をグングン伸ばす方法』(大空ポケット新書)、『高校野球 神奈川を戦う監督たち』『高校野球 神奈川を戦う監督たち2 神奈川の覇権を奪え! 』(日刊スポーツ出版社)、『101年目の高校野球「いまどき世代」の力を引き出す監督たち』『激戦 神奈川高校野球 新時代を戦う監督たち』(インプレス)、『高校野球継投論』(竹書房)、『高校野球界の監督がここまで明かす! 野球技術の極意』(小社刊)などもある。有料メルマガ『大利実のメルマガでしか読めない中学野球』も配信中。Twitter:@mino8989

■書籍情報
『高校野球界の監督がここまで明かす! 打撃技術の極意』
著者:大利実
出版社:株式会社 カンゼン
発売日:2020年5月25日
価格:1700円+税
http://www.kanzen.jp/book/b510422.html

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「新作」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる