松本隆、佐野元春、aiko、岸田繁…… 歌詞について語り尽くす『SWITCH』6月号

松本隆、佐野元春、aiko、岸田繁…… 歌詞について語り尽くす『SWITCH』6月号

 「うたのことば」と題し70ページに渡り歌詞を特集する『SWITCH』 6月号が、5月20日に発売される。

 「音楽サブスク」の台頭で歌詞カードを見る機会が激減した現代。本特集は、印刷された歌詞を目で追いながら音楽を聴く喜びを再び伝えるべく、各世代を代表するアーティストに、自ら紡いだ歌詞や、影響を受けた歌の歌詞についてのインタビューを行った。

 作詞家生活50周年を迎えた松本隆には完全独占1万字ロングインタビューを実施。『はっぴいえんど』からはじまる松本隆の作詞家としての人生の軌跡を紐解く。さらに「BEST 10 +1 松本隆自選作詞」と題し、2,400曲を超える松本の作詞曲の中から珠玉の11曲を自選してもらい、解説を収録する。

 「歌詞」についてのインタビュー には、佐野元春、aiko、岸田繁、川谷絵音、中村佳穂らが登場。歌の作り手にとって、歌詞の書き手にとって、そのことばはどのようにして生まれてくるのか。彼らが語る自身の作詞の秘密と、自らが選ぶ影響を受けた歌の歌詞について語っている。

 総勢20名に及ぶ多ジャンルの表現者たちが選ぶ「わたしの特別なうた」では、俳優、お笑い芸人、映画監督、写真家などの表現者たちの心の中にある「特別なうた」を訊いた。
(出演:池田エライザ/今泉力哉/emma/奥山由之/くっきー!/佐久間由衣/高橋茂雄/濱田英明/樋口毅宏/福士リナ/文月悠光/三浦透子/満島真之介/三宅唱/村上虹郎/燃え殻/森本千絵/柳楽優弥/やついいちろう/山田健人)※50音順

 なお本特集に登場する楽曲は[Spotify SWITCH“うたのことば”]のプレイリストで実際に聴くことができ、誌面と合わせて楽しむことができる。(Spotify 未配信曲は除く)

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

■書誌情報
『SWITCH』Vol.38 No.6(2020年6月号)
特集:うたのことば
発売日:2020年5月20日
価格:1,000円+税
HP:http://www.switch-store.net/SHOP/SW3806.html

■歌詞全文掲載 50曲リスト(以下50音順)
aiko「青空」/indigo la End「蒼糸」/H Jungle with t「WOW WAR TONIGHT ~時には起こせよムーヴメント~」/大江千里「サヴォタージュ」/太田裕美「木綿のハンカチーフ」/大瀧詠一「君は天然色」/小沢健二「天使たちのシーン」/KAN「50年後も」/Kinki Kids「硝子の少年」/銀杏BOYZ「SKOOL KILL」/くるり「リルレロ」/くるり「太陽のブルース」/GEZAN「東京」/崎山蒼志「国」/さだまさし「残春」/佐野元春 & ザ・コヨーテバンド「この道」/佐野元春「君がいなくちゃ」/佐野元春「経験の唄」/THE BLUE HEARTS「青空」/サンタラ「好き」/柴田聡子「遊んで暮らして」/清水宏次朗「Love Balladeは歌えない」/スチャダラパー「ヒマの過ごし方」/スピッツ「水色の街」/タテタカコ「いつくしみふかき」/寺尾聰「ルビーの指環」/トータス松本「ポーチライト」/中島義美 ヤング・フレッシュ「にんげんっていいな」/中村佳穂「そのいのち」/馬喰町バンド「ネタにはしない」/秦基博「恋の奴隷」/はっぴいえんど「暗闇坂むささび変化」/はっぴいえんど「十二月の雨の日」/はっぴいえんど「風をあつめて」/ハンバート ハンバート「虎」/BiSH「JAM」/フジファブリック「モノノケハカランダ」/松田聖子「ガラスの林檎」/松任谷由実「わき役でいいから」/Mr.Children「あんまり覚えてないや」/Mr.Children「ファスナー」/THEE MICHELLE GUN ELEPHANT「世界の終わり」/南佳孝「冒険王」/森進一「冬のリヴィエラ」/薬師丸ひろ子「探偵物語」/安田成美「風の谷のナウシカ」/YUI「to Mother」/ゆらゆら帝国「3×3×3」/Lia「夏影」/REBECCA「フレンズ」

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「新作」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる