絵師必見、病院からジム、バー、タピオカスタンドまで 建築専門誌がお店空間を徹底解剖

絵師必見、病院からジム、バー、タピオカスタンドまで 建築専門誌がお店空間を徹底解剖

 建築専門誌『建築知識』4月号が3月19日に発売された。同号は「最強の設計バイブル! お店の間取りとリアル寸法」と題し、間取りや機材、照明、家具のサイズまで徹底解剖している。

 手軽で便利なネットショップが普及するいま、実店舗が生き残るためには、「本来のサービス」に加え快適で魅力的な「空間」を提供することが必要となってきている。日常生活で日々何気なく足を運ぶカフェや居酒屋などの飲食店、洋服や食品を販売する物販店、美容院やトレーニングジムなどのサービスを提供するお店など今すぐ設計に役立つ各店舗の動線やトレンド、専門用語などを詳しく解説。さらに立体イラストで来店者と家具や背景との比率が簡単に分かるようになっており、全て最新の建築トレンドを盛り込んでいるので絵を描く人やCGクリエーターからも需要が高い特集だ。

 仕事の幅を広げたい設計者の他に、これから出店を考えている人、そして絵を描く人にも「眺めて楽しい」役に立つ一冊だ。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

■書誌情報
『建築知識』2020年4月号
特集:「最強の設計バイブル! お店の間取りとリアル寸法」
出版社:株式会社エクスナレッジ
発売日:2020年3月19日
価格:1,564+税

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「新作」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる