劇団青春小説に“黙ってられない”人続出 竹宮ゆゆこ最新小説『いいからしばらく黙ってろ!』

劇団青春小説に“黙ってられない”人続出

 『とらドラ!』『砕け散るところを見せてあげる』の著者・竹宮ゆゆこの最新小説『いいからしばらく黙ってろ!』が、2020年2月14日にKADOKAWAより発売された。

 婚約者も、就職先も、住む場所もなくなった主人公・富士が出会ったのは、社会のはみ出し者が集う小さな劇団だった。劇団員になれば、ボロアパートの家賃は無料でいいとの甘言にひかれた富士だが、そこで自分の能力を発揮することになる――。

 KADOKAWA文芸WEBマガジン「カドブン」(https://kadobun.jp/)では、瀧井朝世氏、池澤春菜氏、木﨑ゆりあ氏らによる刊行記念書評リレー企画もスタート。第1弾として、2月14日に瀧井氏による書評が公開された。

文芸評論家・北上次郎コメント(『本の雑誌』2020年3月号より)

これは途中で挫折するかも(中略)
そう思って読み進めたが、はっと気がつくと物語の中にいた。

全国の書店員コメント 

感想は黙ってられない。
この本は種火だ。読んだ人の心に火をつける。
熱くてまっすぐな物語。
僕も彼らのように自分を信じて生きていきたい。
この年齢になってこんな気持ちになるとは、恐るべし劇団バーバリアン・スキル。
――MARUZEN&ジュンク堂書店渋谷店 勝間準氏  

すごいスピード感!
ついていくのに必死で読む。
それがまた気持ちいい!!くせになる~!
とにかくいいからしばらく黙って読め!!といいたくなる気持ちがよくわかります。
富士ちゃん頑張れ!!
――宮脇書店ゆめモール下関店 吉井めぐみ氏

暑苦しくて、清々しい超個性的な面々と富士の熱い物語。
間近で本物の舞台を見ているかのような臨場感に興奮します!
――丸善名古屋本店 竹腰香里氏

なんでそっちへ夢中になるんだろう、なんで諦めないんだろう、なんでなんでの嵐の中で、一番黙らなくてはいけないのは、読んでいるこちらの方だった。
無駄に熱いこの疾走感に本物の物語の臭いが充満して、一瞬も目が離せなかった。
――大盛堂書店 山本亮氏

■竹宮ゆゆこ(たけみや・ゆゆこ)プロフィール
1978年、東京都生まれ。2004年、『うさぎホームシック』でデビュー。シリーズ作品として「わたしたちの田村くん」「とらドラ!」「ゴールデンタイム」、長篇小説に『知らない映画のサントラを聴く』『砕け散るところを見せてあげる』『おまえのすべてが燃え上がる』『あなたはここで、息ができるの?』などがある。

■書籍情報
『いいからしばらく黙ってろ!』
著者:竹宮ゆゆこ
装画:米代恭
装丁:川谷康久(川谷デザイン)
発行:株式会社KADOKAWA
発売:2020年2月14日※電子書籍同日配信
定価:本体1700+税
https://www.kadokawa.co.jp/product/321908000118/



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「新作」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる