新庄耕『地面師たち』発売2日で重版決定 noteで1万6000字無料公開

新庄耕『地面師たち』発売2日で重版決定 noteで1万6000字無料公開

 新庄耕『地面師たち』(集英社・2019年12月5日発売)が、発売2日での重版が決定した。不動産売買を餌に、莫大な金を騙し取る詐欺師「地面師」。その組織的犯罪をリアルに描いた、新時代のクライムノベルである本作。

 著者である新庄は、12月11日に開催される「クソ物件オブザイヤー2019」授賞式にゲストとして参加予定。「クソ物件オブザイヤー」を運営する「全宅ツイ」のメンバーであり、『地面師たち』に取材協力した不動産ブローカー・あくのふどうさんは「全宅ツイブローカー部が自らの体験談を踏まえ全面的に技術協力したリアル小説。我々が普段どんなプレッシャーの下で取引しているか追体験してください。」との推薦コメントを寄せた。

noteでは、冒頭1万6000字が無料公開されている。https://note.mu/shueisha_bungei/n/n73b2aa079bf3 

■書籍あらすじ
ある事件で母と妻子を亡くした辻本拓海は、大物地面師・ハリソン山中と出会い、彼のもとで不動産詐欺を行っていた。ハリソン一味のメンバーは、元司法書士の後藤、土地の情報を集める図面師の竹下、土地所有者の「なりすまし役」を手配する麗子の五人。彼らはひと仕事を終え再集結し、ハリソンの提案で次に狙いをつけたのが泉岳寺駅至近にある広大な土地。市場価格100億円という前代未聞の案件だった。一方、定年を間近に控えた刑事の辰は、かつて逮捕したが不起訴に終わったハリソン山中を独自に追っていた。
次々と明らかになる地面師たちの素顔、今だかつてない綱渡りの詐欺取引、難航する辰の捜査。そして、地面師の世界に足を踏み入れた拓海が知った衝撃の事実……。それぞれの思惑が交錯した時、待ちうけていた結末とは――。

『地面師たち』著者・新庄耕
『地面師たち』著者・新庄耕

■著者プロフィール
新庄耕(しんじょう・こう)
1983年、京都府生まれ。神奈川県在住。慶應義塾大学環境情報学部卒業。2012年、「狭小邸宅」で第36回すばる文学賞受賞。著書に『狭小邸宅』『ニューカルマ』『カトク 過重労働撲滅特別対策班』『サーラレーオ』がある。

■書籍情報
『地面師たち』
著者:新庄耕
発行:株式会社集英社
発売日:2019年12月5日 ※電子書籍版も同日配信
定価:1,600円(税抜き)
書籍ページ:https://books.shueisha.co.jp/items/contents.html?isbn=978-4-08-771684-9

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「新作」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる