『ドラえもん』23年ぶり新刊0(ゼロ)巻、予約殺到で2度の発売前重版出来

『ドラえもん』23年ぶり新刊0(ゼロ)巻、予約殺到で2度の発売前重版出来

 情報公開以来、大きな話題を呼んでいた『ドラえもん』0(ゼロ)巻が、11月27日に発売された。

 0巻は書店での予約が殺到し、小学館のコミックスでは今世紀初となる2度の発売前重版が敢行された。ドラえもん50周年を記念して発売された同書には、6種類存在する『ドラえもん』の第1話が当時の状態ほぼそのままに収録されており、読み比べができるようになっている。

 『ドラえもん』は、小学館の雑誌『よいこ』『小学一年生』など6つの雑誌で連載が同時にスタートしたため、各雑誌の対象読者別に描き分けられた6種類の第1話が存在する。広く普及しているてんとう虫コミックスの第1巻には、雑誌『小学四年生』版を加筆・修正したものが収録されている。

 0巻では“ドラえもん伝説の予告ページ”も当時の状態で読める。『ドラえもん』連載開始号の前号に掲載された予告ページのことで、藤子・F・不二雄が締切になっても作品のアイデアが思いつかなかったことから、「出た!」というフキダシだけのページになった。

 さらに『ドラえもん』の連載が開始された当時の背景を解説する記事ページや、藤子・F・不二雄によるドキュメンタリーまんが『ドラえもん誕生』も初収録されている。

 メモリアルな1冊となる0巻は、てんとう虫コミックス『ドラえもん』として1996年の第45巻発売以来、23年ぶりの新刊である。

■担当編集・徳山雅記(小学館・ドラえもんルーム)コメント
「企画の段階からドラえもんファンの方に喜んでいただけるのでは…という手応えは感じていましたが、それを遙かに上回る大反響にびっくりしています! のび太くんがドラえもんとはじめて出会った瞬間に、あらためてファンのみなさんとともに立ち会うような気持ちです。この機会にこれからも、もっともっと多くの方に、ドラえもんと出会っていただけたらうれしいです!」

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

■書籍情報
『ドラえもん』0巻(てんとう虫コミックス)
定価:本体700円+税
発行:小学館
発売:2019年12月1日
*11月27日に首都圏で発売となるのを皮切りに、全国で順次発売となります
商品情報ページ:https://www.shogakukan.co.jp/books/09143156

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「新作」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる