乙一、4年ぶり完全新作『小説 シライサン』発売へ 映画とコミックでメディアミックスも

乙一、4年ぶり完全新作『小説 シライサン』発売へ 映画とコミックでメディアミックスも

 乙一が4年ぶりとなる書き下ろし長編小説『小説 シライサン』(KADOKAWA)を11月21日に発売することが決定した。同作は、飯豊まりえ主演、乙一こと安達寛高監督の完全オリジナルストーリー映画『シライサン』として1月10日に全国公開されるほか、映画本編とは異なる高校を舞台にした青春ホラー劇として、崇山 祟によるコミカライズ版『シライサン ~オカルト女子高生の青い春~』(扶桑社)も11月28日に発売される。(メイン写真左『小説 シライサン』(画像は制作中のもの)、右『シライサン ~オカルト女子高生の青い春~』)

 乙一は、1996年『夏と花火と私の死体』で第6回ジャンプ小説大賞を受賞し小説家デビューを果たし、2003年『GOTH リストカット事件』で第3回本格ミステリ大賞を受賞。著書である『くちびるに歌を』(中田永一名義)など、数多くの作品が映像化され、映画『シライサン』では、初の長編映画の監督・脚本を務めている。

 今回、4年ぶりに乙一名義で書き下ろした完全新作『小説 シライサン』は、映画本編の原作小説であり、とある怪談話を聞いた人間に怪異が襲い来るノンストップホラーとなっている。また、デビュー作『恐怖の口が目女』(リイド社)がホラーマニアの熱狂的な支持を得た気鋭のマンガ家・崇山 祟が、乙一が生み出した『シライサン』の恐怖の世界観をコミカライズしている。

 漫画を担当した崇山は「乙一先生いわく『好き放題暴れてください』。そこで私は学校で地味な、読書と空想が好きな女の子の青春ものを描きたかったのもあり、ホラーとミックスしました。ホラー漫画でありながら、目立たない生徒たちの青春物語になりました」と語っている。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「新作」の最新記事

もっとみる