『サピエンス全史』著者、最新作『21 Lessons』で人類が直面している21の重要課題に切り込む

『サピエンス全史』著者、最新作『21 Lessons』で人類が直面している21の重要課題に切り込む

 『サピエンス全史』、『ホモ・デウス』で知られるユヴァル・ノア・ハラリの最新作『21 Lessons』が、11月20日に発売されることが決定した。

ユヴァル・ノア・ハラリ

 『サピエンス全史』は日本国内84万部、第2作の『ホモ・デウス』は同37万部となり、人文・教養書ジャンルとして日本出版史上最大級のベストセラーになり、世界では著作累計が2000万部を超えている。『サピエンス全史』では、歴史学のみならず様々な学問の知見を駆使しながら、壮大で斬新な歴史像を提示して世界中の読者を驚嘆させ、第2作『ホモ・デウス』では、生物工学や情報工学といったテクノロジーを手に入れた人類が、この先の未来、どこへ向かうようになるのかを、かつてないスケールで示した。

 最新刊『21 Lessons』では、ついに「現在」に焦点を当て、自由、平等、コミュニティ、ナショナリズム、テロ、戦争、ポスト・トゥルース、教育、人生の意味など、われわれ人類が直面している21の重要課題を取り上げ、人類存亡の危機ともいえる正解の見えない今の時代に、どのように思考し行動すべきかを説く内容となっている。

■書籍情報
『21 Lessons(トゥエンティワン・レッスンズ) 21 世紀の人類のための21 の思考』
ユヴァル・ノア・ハラリ 著/柴田裕之 訳
判型:四六判
価格:本体2,400円+税
公式サイト:http://www.kawade.co.jp/21lessons/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「新作」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる