乃木坂46 松村沙友理、吉本坂46への“危機感”明かす「大御所の方がグイグイじゃないですか」

 よしもと所属タレント約6,000人の中から選ばれたメンバーで結成されるアイドルグループ・吉本坂46の選考過程、結成の瞬間から成長などを追いかけるドキュメンタリー番組『吉本坂46が売れるまでの全記録』(テレビ東京系)。7月24日放送回では、吉本坂46メンバー候補の野沢直子、榊原徹士、旺季志ずか、はんにゃ、村上ショージが出演した『テレ東音楽祭』の舞台裏をオンエアした。

『ジコチューで行こう!』(TYPE-D)(DVD付)

 生放送当日、スタジオではレギュラーメンバーの東野幸治、クイズ作家・古川洋平に加え、『テレ東音楽祭』に出演する乃木坂46・松村沙友理に代わって和田まあやが見守る。しかし、吉本坂46はライブパフォーマンスではなく、乃木坂46のステージを客席から応援することに。東野はパフォーマンスする松村を見て、「ここ(スタジオ)にあいつおらな。あのボケ!」とツッコミを入れていると、吉本坂46が画面に映し出された。乃木坂46のステージ後の1分弱のトークで存在感をアピールすることに成功するも、SNSでは厳しい反応が多かった。

 本番後、楽屋挨拶に訪れた松村。はんにゃ・金田哲からやりづらくなかったか、と聞かれると「全然それは。なんか嬉しかったです」とコメントし、「(最初)私たち席に座ってたんですけど、皆さん入ってきた時に『あれ吉本坂46の人たちじゃない?』って他のメンバーも盛り上がってて」と笑顔で語った。

 スタジオでは東野が、本番中吉本坂46に全く絡まなかった松村に不満を漏らすと、「(絡むつもりは)全くなかった」ときっぱり。視聴者からの反応について古川は「坂道グループの汚染物質だって言われてて。乃木坂、欅坂を汚染していってる」という声があったことを明かし、乃木坂のパフォーマンスの時間を削っていることへの不満が多かったと語ると、「デビュー前からこんなにも受け入れられないことあるんだな」と悔しそうな表情を見せた。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト情報」の最新記事

もっとみる