>  >  >  > 杉山清貴

杉山清貴

(スギヤマキヨタカ)

83年4月に杉山清貴&オメガトライブとしてシングル「SUMMER SUSPICION」でデビュー。代表曲は、「SUMMER SUSPICION」「ASPHALT LADY」「ふたりの夏物語-Never Ending Summer-」「君のハートはマリンブルー」「サイレンスがいっぱい」etc…。85年に解散し、以降はヴォーカルがカルロス・トシキ〜新井正人へと変わって行くが、杉山清貴&オメガトライブはJAPANESE AORの先駆け的な存在と言えるだろう。

86年5月にシングル「さよならのオーシャン」でソロ・デビュー 。続けて11月にリリースされた「最後のholy night」が、当時『日本航空』CMソングに起用され大ヒットを記録した。その後も「水の中のAnswer」「風のLONELY WAY」「僕の腕の中で」など大ヒット曲を連発。90年に<ワーナーミュージックジャパン>に移籍したが、00年からは再び<VAP>へレコード会社を移籍し、コンスタントにリリースを続けている。

09年7月、オメガトライブ時代から25年の時を経て、50歳の誕生日である7月17日に通算26枚目となるアルバム『Veteran』を発表。10年2月には“スロー・ライフ”をテーマに、自然の風や波の音と共にレコーディングを敢行したリラクゼーショナル・ミュージック・アルバム『Island Afternoon II Pacific Rim』を発表。同年7月、“サーフ・シーン”と“都会”をテーマに、本人選曲によるコンピレーション・アルバム『Sugiyama Kiyotaka SPECIAL EDITION Surf Days』『Sugiyama Kiyotaka SPECIAL EDITION City Lights』を2枚同時リリース。

杉山清貴の記事
HKT48指原莉乃、モー娘。への憧れを語る「6年ぶりの『Mステ』出演は録画してずっと見てます」
制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版