> GAKU-MC

GAKU-MC

(ガク・エムシー)

90年、ユニット「EAST END」結成。DJ HONDA、DJ KRASH、MUROといったアーティストと共にイベント出演しながらスキルを磨き、92年にファイルレコードよりデビュー。また、ライムスターやメローイエローと「FUNKY GRAMMAR UNIT」を始動させ、ノーティ・バイ・ネイチャーのフロント・アクトを務める。そして94年、市井由理をゲストに迎えた「EAST END+YURI」が誕生。メジャー・デビュー・シングル「DA.YO.NE」は爆発的なヒットを記録し、『Jラップ・ブーム』に一役も二役もかった。続く「MAICCA〜まいっか」「いい感じ」も好セールスを記録し、巧妙なコトバ遊びを散りばめた軽快なヒップホップ・チューンは、お茶の間レベルにも浸透したのだ。また、彼らは日本のヒップホップ界で初めて紅白歌合戦に出場したグループでもある。98年にEAST END+YURIは活動休止となってしまったが、フロントマンであったGAKU-MCはジャズ・バンドと共にライヴ、レコーディングを開始。私小説『僕は僕でだれかじゃない』と連動したシングルで、ソロ・デビューを果たした。00年2月には1stアルバム『word music』をリリース。ここには、生バンドと出会ったことにより、サンプリングとループの世界を飛び超え、なおかつラップ本来のもつ「素直なこころの叫び」を再びモノにしたGAKU-MCがいる。

GAKU-MCの記事
HKT48指原莉乃、モー娘。への憧れを語る「6年ぶりの『Mステ』出演は録画してずっと見てます」
HKT48指原莉乃、モー娘。への憧れを語る「6年ぶりの『Mステ』出演は録画してずっと見てます」
HKT48指原莉乃、モー娘。への憧れを語る「6年ぶりの『Mステ』出演は録画してずっと見てます」
制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版