桜井和寿とGAKU-MC、この時代にこそ響くパワフルな歌とステージ ウカスカジー『アディショナルタイム』ツアー東京公演レポ

ウカスカジー全国ホールツアー東京公演レポ

 Mr.Childrenの桜井和寿とラッパーのGAKU-MCによる音楽ユニット、ウカスカジー。本稿では、1月12日に開催された『ウカスカジー TOUR 2021-22 アディショナルタイム』東京国際フォーラム公演を、ウカスカジーからのお土産ーー筋肉痛と掌の痛みを味わいつつレポートする。

 「さあ始めようか東京!」「準備はいいかい?」とアミーゴ(ファン)を煽り、「コエノチカラ」でライブがスタート。2人はステージを縦横無尽に駆け回る。曲中、桜井は二度吠えた。それはまさに「コエノチカラ」。全身が痺れるような感覚を覚える。

 感染予防対策を徹底して行われた本公演。桜井のボーカルにも、GAKU-MCの煽りにも、アミーゴは声を返すことができない。桜井が「手拍子ちょうだい」と優しく、けれどどこか挑発的に呼びかけると、一斉にクラップが鳴り響いた。

 「こんな時だからこそこの曲を! 拳ちょうだい!」と、続くは「We are not afraid」。会場に集まった5000人のチームメイトが、力強く握った拳を高々と掲げ、手を鳴らし、ジャンプする。〈支え合っていくんだ ひとりきりじゃない〉。こんな時代に、音楽で、ここにいるみんなで抵抗してやろうとでもいうような、パワフルなステージだ。

ウカスカジー(写真=樋口 涼)

「世界に誇る日本の宝! 桜井和寿!」
「ラップで世界をプラスの方向に! GAKU-MC!」

 おなじみのフレーズで互いを紹介したあと、声を出せないコーラスアミーゴもといクラップアミーゴ(いずれもファンのこと)のもどかしさを慮り、桜井が語りかけた。「皆さんが飲み込んだ歌、声は、我々バンドアミーゴが音にします」。2人は「こんな(全員がマスクをした)ライブ、一生に一度か二度しかない」と、チャンスだと思って楽しもうとまでいうのだ。そうして、ファンを一気にバンドメンバーにしてしまう。間違いなくこの日、会場全体がワンチームだった。

ウカスカジー(写真=樋口 涼)

 ウカスカジーのライブに初めて参加するアミーゴとの出会いを祝し、続くは「Anniversary」。サビのライムが心地よい、優しい曲だ。ライトが会場を虹色に照らし、GAKU-MCの動きに乗って皆が身体を揺らす。

 かつて漫画家・手塚治虫が想像した世界ーークローンやAI技術が、現実になっているという話から、「イメージできることは、現実にできる」と、想いを伝えた桜井。皆に目を閉じるよう言うと、ギターを抱え、優しい歌を歌い始めた。

 晴れ渡った空の下、そばには愛する人、その口元にマスクはないーー。桜井の歌声に乗せて、ほんのひととき見た世界。続く「サンシャインエブリデイ」もイメージの歌だと、優しく歌った。「イメージできることは、現実にできる」、改めてその言葉の意味を考える。

ウカスカジー(写真=樋口 涼)

 「青春 FOREVER」「DOWN TOWN」「PLEASE SUMMER BREEZE」と続く3曲は、それなりに長い時間を生きてきた大人にとってのリアルであり、エールだった。サウンドはむしろ清々しく、瑞々しくさえあるのだが、歌詞がぐっと胸を刺す。しかしそのあとには必ず、背中を押す言葉がある。ともに現実からエスケープするような時間、それがウカスカジーのライブの醍醐味でもある。

 重厚なバンドサウンドが身体の芯まで響く「言葉」「雪物語」のあとには、GAKU-MCのソロ「それでも日々は続く」。MCにも、コロナを受けて付け足したという歌詞にも、彼の優しさがあふれていた。自身もミュージシャンとして多大なダメージを受けながら、彼はどこまでも他者を思いやる。平日のライブに来てくれたこと、そのために協力してくれた家族や同僚のことにまで、想いを馳せる人なのだ。

 桜井は、岡崎体育の「エクレア」をカバー。歌う前に話していたなかで「いつか来るその日のために」という言葉が印象的だった。桜井は「その日」を誰よりも諦めていないし、イメージし続けている。〈いい曲はいい人と共に〉ーーこういうことかと、会場をぐるりと見渡してみた。

 ごきげんに歌い踊ったナンバー「HAPPY HOUR」、続く「上を向いて歩こう」では、2人のアプローチの違いが面白い。ひたすらにまっすぐなGAKU-MCの陽の声、パワフルだが、憂いをまとった桜井の声、まるで違うはずなのに重なり合う。きっと2人の想いと本質が、優しさとポジティブが「同じ」なのだろう。1曲ごとに深々と頭を下げる、2人のスポーツマンシップも清々しい。

ウカスカジー(写真=樋口 涼)

 「時代」「春の歌」では演出も最低限に、じっくりと音楽を、声を聴かせる。本編ラスト「mi-chi」では、またも桜井が吠えた。その声量と迫力に、拍手が巻き起こった。



関連記事

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ライブ評」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる