佐久間正英の記事一覧

(10件)

BOOWY/ザ・ブルーハーツ/筋肉少女帯/P-MODEL/JUDY AND MARY/黒夢/GLAY/エレファントカシマシ/ヒステリック・ブルー……など、数多くのプロデュースを手がけた、80〜90年代を代表するヒット・メイカーの1人である。
元々は、70年代にその名を馳せた四人囃子のベーシスト。バンド解散後には、イラストレーターの中西俊夫/グラフィックデザイナーの立花ハジメ/スタイリスト・佐藤千賀子というメンツで結成された、その異色さゆえに未だ音楽シーンに名を残すバンド、プラスチックスに加入。
プロデューサーとしての活動は、P-MODELの1stアルバムを手がけた70年代終盤から。他にもCM/TV/映画音楽などを制作する傍ら、84年には自身のアルバム『LISA』をリリースしている。
99年にジュディマリのYUKIらと結成したNiNaは、まだ記憶に新しいだろう。最近は、土屋昌巳/元Japanのミック・カーン/屋敷豪太/ビビアン・スーと共にThe d.e.p.として活動中。

『ひらけ!ポンキッキ』の背景にある驚きの音楽史とは? 史上初のテレビ童謡研究書を読む

『ひらけ!ポンキッキ』の背景にある驚きの音楽史とは? 史上初のテレビ童謡研究書を読む

アンドロメルト、故・佐久間正英氏プロデュース作品のハイレゾ音源を期間限定で無料配信

アンドロメルト、故・佐久間正英氏プロデュース作品のハイレゾ音源を期間限定で無料配信

佐久間正英ユニット「blue et bleu」最初で最後の音源リリース 製作陣には木村達司ら参加

佐久間正英ユニット「blue et bleu」最初で最後の音源リリース 製作陣には木村達司ら参加

注目のインディーズバンド・アンドロメルトが語る、佐久間正英の「素材ありき」プロデュース術

注目のインディーズバンド・アンドロメルトが語る、佐久間正英の「素材ありき」プロデュース術

音楽プロデューサー佐久間正英の偉大なる軌跡 最後の作品集『SAKUMA DROPS』を紐解く

音楽プロデューサー佐久間正英の偉大なる軌跡 最後の作品集『SAKUMA DROPS』を紐解く

佐久間正英ドキュメンタリーが示した、音楽家の消えることのない情熱

佐久間正英ドキュメンタリーが示した、音楽家の消えることのない情熱

「いずれは人の声も、楽器も必要なくなる」佐久間正英が夢見る、未来の音楽とは

「いずれは人の声も、楽器も必要なくなる」佐久間正英が夢見る、未来の音楽とは

「僕が今もし20歳だったら、けっこう燃えていた」佐久間正英が見通す、音楽業界の構造変化

「僕が今もし20歳だったら、けっこう燃えていた」佐久間正英が見通す、音楽業界の構造変化

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版