Borisの記事一覧

(7件)

 1992年に結成したロックバンド。96年にTakeshi、Wata、Atsuoという現在のメンバー編制になった。活動当初よりワールドワイドなスタンスを志し、1996年から始めた海外ツアーは03年以降、ほぼ毎年行っている。2008年には、ナイン・インチ・ネイルズのUSアリーナ・ツアー・サポートを含み全100本のショーを披露したワールドツアーを行った。また、映画『リミッツ・オブ・コントロール』(2009年)、『告白』(2010年)へ楽曲も提供している。
 2011年3月、日本ではメジャーからの初リリースとなる『New Album』を、5月には日本を含む全世界で『Attention Please』『Heavy Rocks』を同時リリース。2013年には、約7年振りとなる小文字boris名義で『pr?parat』『目をそらした瞬間 -クロニクル-』『vein』の3作品を連続リリース。4月から5月に掛けてのUSヘッドライン・ツアー中に7大都市(ワシントンDC/ボストン/ニューヨーク/シカゴ/シアトル/サンフランシスコ/ロサンゼルス)で、また6月に東京でレジデンシー・ショウ(同一都市で2日間連続公演を行うにあたり日ごとに違う演目を披露)を行うなど、精力的に活動している。レーベルはtearbridge。
■メンバー:
Takeshi(タカシ); ベース、ギター、ボーカル。
Wata(ワタ) :ギター、リードボーカル、キーボード。
Atsuo :ドラム、ボーカル。
オフィシャルサイト

Boris・Atsuo、『ギミー・デンジャー』トークイベントに登壇 「日本人全員に観てほしいくらい」

Boris・Atsuo、『ギミー・デンジャー』トークイベントに登壇 「日本人全員に観てほしいくらい」

チャットモンチー、LoVendoЯ、tricot……独自のプレイが光る女性ギタリスト6選

チャットモンチー、LoVendoЯ、tricot……独自のプレイが光る女性ギタリスト6選

「お客さんの耳がちぎれて床に…」Borisが明かす海外ツアー仰天体験と、“言葉の壁”突破法

「お客さんの耳がちぎれて床に…」Borisが明かす海外ツアー仰天体験と、“言葉の壁”突破法

海外でツアーしたほうが儲かる!? BorisのAtsuoが語る、日本のライブ環境の特殊性

海外でツアーしたほうが儲かる!? BorisのAtsuoが語る、日本のライブ環境の特殊性

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版