『彼女はキレイだった』中島健人のキャラ変は韓国版を踏襲? 一気に縮まる愛と宗介の距離

『かのきれ』中島健人は韓国版を踏襲?

 そうなれば次なる地盤固めが必要なのは宗介と樋口の関係だ。恋のライバルとして完敗を喫した樋口は、傷心休暇から戻ってくるや真正面から宗介にぶつかっていく。「あなたにがっかりしたくないだけです。1人の男として」。仕事仲間として、相手を鼓舞する。お互いを認め合っているからこそ成立するこのやりとりからは、ライバルと親友が紙一重にあるというちょっぴり古典的な発想にたどり着かずにはいられない。4人を繋げている糸が、もつれることなく真っ直ぐと、それでいて丈夫にピンと張られる。そこに宗介が頭を下げたことでもう一度一致団結した編集部も加わり、物語は次のステージへと向かうというわけだ。

※高橋優斗の「高」ははしごだかが正式表記。

■放送情報
『彼女はキレイだった』
カンテレ・フジテレビ系にて、毎週火曜21:00〜放送
出演:中島健人、小芝風花、赤楚衛二、佐久間由衣、高橋優斗(HiHi Jets/ジャニーズJr.)、宇垣美里、寒川綾奈、村瀬紗英、山田桃子、LiLiCo、木村祐一、菅原大吉、本多力、片瀬那奈ほか
原作:『彼女はキレイだった』(c)MBC/脚本 チョ・ソンヒ
脚本:清水友佳子、三浦希紗
音楽:橋本由香利
主題歌:Sexy Zone「夏のハイドレンジア」(Top J Records)
オープニング曲:Awesome City Club「夏の午後はコバルト」(cutting edge)
演出:紙谷楓、木下高男、松田祐輔
プロデューサー:萩原崇、芳川茜、渋谷英史
制作:カンテレ、共同テレビ
(c)カンテレ
公式サイト:https://www.ktv.jp/kanokire/
公式Twitter:@kanokire
公式Instagram:@kanokire.tue21
長谷部宗介 by 中島健人Instagram:@k.n_sosuke.hasebe



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる