>  >  > 『ザ・ファブル』特報公開

岡田准一が“殺し屋”アクション披露 『ザ・ファブル』特報映像&ティザービジュアル公開

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 岡田准一主演映画『ザ・ファブル』の公開日が2019年6月21日に決まり、ティザービジュアルと特報映像が公開された。

 原作は、『週刊ヤングマガジン』連載中で、単行本累計部数280万部突破、2017年度講談社漫画賞一般部門を受賞した南勝久の同名コミック。圧倒的な強さと的確な手腕で、狙った相手を6秒以内で必ず仕留める最強の殺し屋“ファブル”は、1年間、一般人として普通に暮らすというミッションを命じられる。普通を満喫し始めた矢先、命を狙う裏社会の組織や、ファブルに助けを求める者たちが次々に現れ、事態は思わぬ方向へ急発進する。

 自らも数種の武術や格闘技のインストラクター資格を持ち、『SP』『図書館戦争』などで高い身体能力を見せた岡田が、コミック原作映画初出演にして、初めての“殺し屋”役に挑戦する。そのほか、アキラの相棒・ヨウコ役の木村文乃、ファブルを幼い頃から指導し、プロの殺し屋に育てあげるボス役の佐藤浩市、アキラが初めて出会う一般人の女性ミサキ役の山本美月、アキラを狙う殺し屋・フード役の福士蒼汰らが出演。また、アキラと深く関わる裏社会の人間役に、柳楽優弥、向井理、安田顕、アキラを雇うバイト先の社長役に佐藤二朗が名を連ねた。

 公開されたビジュアルには、頭にインコをのせ銃を掲げる岡田の姿が。「あなたの隣のちょっとヘンな人は、休業中の殺し屋かもしれない。」とコピーが添えられている。

 一方の特報映像では、岡田が銃をぶっ放し、華麗に相手を仕留めるアクションシーンがお目見え。同時に、「1年間殺し屋を休業し、一般人として普通の生活を送ること」というミッションのもと、“佐藤アキラ”として普通の人になりきるため、チンピラに絡まれてもやられたフリをしたり、初めて居酒屋に行ったり、ペットと暮らしたり、バイトをしたり“プロの普通の生活”を送ろうとするファブルのコミカルな姿が映し出されている。

■公開情報
『ザ・ファブル』
2019年6月21日(金)全国公開
出演:岡田准一、木村文乃、山本美月、福士蒼汰、柳楽優弥、向井理、佐藤二朗、安田顕、佐藤浩市
原作:南勝久『ザ・ファブル』(講談社「ヤングマガジン」連載)
監督:江口カン
脚本:渡辺雄介
配給:松竹
(c)2019「ザ・ファブル」製作委員会
公式サイト:http://the-fable-movie.jp/

「岡田准一が“殺し屋”アクション披露 『ザ・ファブル』特報映像&ティザービジュアル公開」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版