>  >  > ジャニーズ忘れる『散り椿』岡田准一の演技

美しい殺陣に息を飲む 『散り椿』の岡田准一はジャニーズであることを忘れさせる

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 9月28日、V6 岡田准一が主演を務める映画『散り椿』が公開された。この映画は不思議な映画である。

 舞台は江戸時代、享保15年。過去に藩の不正を訴えたが認められず、故郷の扇野藩(という架空の藩)を出た剣豪・瓜生新兵衛(岡田准一)は、病に冒された妻・篠(麻生久美子)から最期の願いを託される。それは、新兵衛の昔なじみである榊原采女(西島秀俊)を助けてほしいというものだった。

 しかし、采女の養父は新兵衛が離郷するきっかけとなった不正を行った張本人。新兵衛は複雑な気持ちを抱えるが、最愛の妻の願いを叶えることと不正の真相を突き止めるため、扇野藩に戻り、篠の妹・坂下里美(黒木華)と弟・藤吾(池松壮亮)と暮らしながら、不正の真相のために動き出す。その中で、里美は新兵衛に徐々に惹かれはじめたり、新兵衛は采女へ想いを寄せていたはずの篠の本当の想いを知ったりと複雑な人間模様も描かれるのだが、一方で新兵衛や采女の命を狙う力も働き始める。

 一見すると、侍の生き様を切り取った時代劇なのだが、根幹には男女が惹かれ、想い合うラブストーリーが存在する。そして、時代劇としては前代未聞の全編オールロケで生まれた美しい映像が、物語を盛り上げる。これは単なる時代劇でもラブストーリーでもない、新しいタイプの時代劇映画と言えるだろう。

      

「美しい殺陣に息を飲む 『散り椿』の岡田准一はジャニーズであることを忘れさせる」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版