>  >  > 『モンテ・クリスト伯』クランクアップ

ディーン・フジオカ、『モンテ・クリスト伯』クランクアップに笑顔 「本当に素敵な役に出会えた」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 6月14日に最終回を迎える木曜劇場『モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐―』。クランクアップを迎えたディーン・フジオカ、山本美月、新井浩文、大倉忠義、高橋克典からのコメントが公開された。

 本作は、幸せの絶頂から冤罪を着せられた主人公・柴門暖(ディーン・フジオカ)が、15年間の投獄を経て投資家のモンテ・クリスト・真海となり、3人の男たちへ復讐を果たしていくノンストップ復讐劇。

 暖の元婚約者・南条(旧姓・目黒)すみれを演じた山本は、最終回のクライマックス、取り乱して大絶叫のシーンでアップ。山本は「まだ終わった気がしなくて、明日からも来てしまうような感じです。母親役など初めての経験をさせていただいて…すみれの心もすごく揺れ動くので(役作りに)悩まされたんですけど、無事にクランクアップすることが出来ました」と笑顔でコメントした。

 また、真海の復讐相手で、激しい拷問を受ける神楽清役の新井は、「久しぶりに西谷(弘)監督とご一緒させていただけて、とっても楽しかったです。いつかまた会えるようにがんばりたいです。みなさん、お疲れ様でした!」とコメント。同じく復讐相手・南条幸男役の大倉は「すごい終わり方でしたけど、良い役をいただいて本当にありがとうございました。3カ月間、お世話になりました。みなさんありがとうございました!」と語った。

 保身のために暖を陥れ、保身のために家族が崩壊していく入間公平を演じた高橋は、「お疲れ様でした。周りを見回しながら、回を追うごとに役作りを探っていく作業が非常に楽しかったです。視聴者のみなさんが〇〇してくれると思います。では、また!」とメッセージを残した。

 オールアップの日、収録最後のシーンでクランクアップを迎えた主人公・真海=暖を演じたディーンは、全てを撮り終えてスタッフから花束を受け取り、「ありがとうございました。本当にみなさんお疲れ様でした。楽しかったです。最初に“柴門暖からモンテ・クリスト・真海にキャラクターが生まれ変わる”と聞いた時に、大丈夫かな?と、不安な気持ちもありました。15年間の空白を経て戻ってきた時に周りがどれだけ覚えていないものだろうか?とか。でも、役作りの過程で、僕自身も振り返ると日本に住んでいなかった期間があるので、(暖の)15年間の重みみたいなものを実感出来て真海というキャラクターの血となり肉となり、とすることが出来ました。真海とシンクロして行く日々が有意義で…ストーリーで展開するイベントも盛りだくさんで、みなさんすごく大変だったと思います。本当に素敵な役に出会えたことを心から感謝しております」とガッツポーズを披露した。

■放送情報
木曜劇場『モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐―』
6月14日(木)21:00~22:48 最終回放送
出演:ディーン・フジオカ、大倉忠義、山本美月、高杉真宙、葉山奨之、岸井ゆきの、桜井ユキ、三浦誠己、渋川清彦、新井浩文、田中泯、風吹ジュン、木下ほうか、山口紗弥加、伊武雅刀、稲森いずみ、高橋克典
原作:アレクサンドル・デュマ『モンテ・クリスト伯』
脚本:黒岩勉
プロデュース:太田大、荒井俊雄
演出:永山耕三、野田悠介【第9話(最終話)】
制作著作:フジテレビ
(c)フジテレビ
公式サイト:http://www.fujitv.co.jp/MONTE-CRISTO/

「ディーン・フジオカ、『モンテ・クリスト伯』クランクアップに笑顔 「本当に素敵な役に出会えた」」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版