>  >  > 『いぬやしき』本予告

新宿上空に“ジジイVS高校生”勃発 MAN WITH A MISSION主題歌収録『いぬやしき』本予告

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 4月20日に公開される映画『いぬやしき』の主題歌をMAN WITH A MISSIONが担当することが発表され、本予告映像が公開された。

 本作は、奥浩哉原作の同名コミックを実写化したSFアクション。謎の事故に巻き込まれ機械の体に生まれ変わり、人間を遥かに超越する力を手に入れた、冴えないサラリーマン・犬屋敷壱郎と、同じ事故に遭遇し、手に入れた力を己の思うがままに行使する高校生・獅子神皓が、それぞれの想いで動き出す模様を描く。映画主演は16年ぶりとなる、とんねるずの木梨憲武が主人公・犬屋敷壱郎を演じ、自身初の悪役に挑む佐藤健が大量殺人鬼・獅子神皓役を務める。同じく奥原作の『GANTZ』実写版の監督を務めた佐藤信介がメガホンを取った。

 映画のプロデュース陣は「世界と戦える大作に挑戦」というテーマを掲げ、MAN WITH A MISSIONに主題歌を熱烈オファー。アニメ『いぬやしき』でもオープニングテーマ曲を制作したMAN WITH A MISSIONは、映画『いぬやしき』のために、新曲「Take Me Under」を書き下ろした。

  あわせて公開された本予告では、MAN WITH A MISSIONの主題歌「Take Me Under」とともに、日本最高峰の技術が集結された驚愕のCGとド迫力のアクション映像を収録。高層ビル群の間、ヘリコプターの上、都庁展望台といった新宿上空を飛び回りながら繰り広げられる“ジジイVS高校生”の新次元バトルの模様が映し出されている。

『いぬやしき』予告

ジャン・ケン・ジョニー(ギター&ボーカル)コメント

イチ早ク映画ヲ観マシタガ、原作ノエッジガ効イタ世界観ヲソノママニ、プラスシテ人間ドラマノ温モリトテーマノ重厚サヲ更ニ深ク感ジサセラレマシタ。演者ノストーリートキャラクターヘノ憑依度トイウノダロウカ、凄イノ一言。原作サナガラニコミカルナノニ不安ト哀シサモ滲マセツツ、心許ナクモ確固タル覚悟ト正義感ヲ持ッテ機械化シテ闘ウ木梨憲武さんハ必見デス。凄イ姿ニナリマスヨ。マヂデ。

自分達ノ楽曲「Take Me Under」モダークダケド温モリモアル、破壊的ダケド希望モ垣間見エル、疾走感モ重厚サモ感ジレルヨウナ作品ニ仕上ゲマシタ。映画「いぬやしき」トトモニ楽シンデ下サイマセ!

木梨憲武 コメント

最高にステキな楽曲!
不思議な光を浴びて私もオオカミになり、
MAN WITH A MISSIONと一杯やりたいです。

■公開情報
『いぬやしき』
4月20日(金)全国東宝系にてロードショー
出演:木梨憲武、佐藤健、本郷奏多、二階堂ふみ、三吉彩花、福崎那由他、濱田マリ、斉藤由貴、伊勢谷友介
監督:佐藤信介
原作:奥浩哉
製作:フジテレビジョン
配給:東宝
(c)2018映画「いぬやしき」製作委員会 (c)奥浩哉/講談社
公式サイト:http://inuyashiki-movie.com/

「新宿上空に“ジジイVS高校生”勃発 MAN WITH A MISSION主題歌収録『いぬやしき』本予告」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版