>  >  > 『雨の日〜』ギレンホール&ワッツの本編映像

J・ギレンホールがN・ワッツを肩車 『雨の日は会えない、晴れた日は君を想う』本編映像

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2月18日公開の映画『雨の日は会えない、晴れた日は君を想う』より、本編映像が公開された。

 本作は、『ダラス・バイヤーズ・クラブ』『わたしに会うまでの1600キロ』のジャン=マルク・ヴァレ監督最新作。突然の交通事故で美しい妻を失ったエリート銀行員のデイヴィスの喪失と哀しみ、再生を描く。主人公デイヴィスを『ナイトクローラー』のジェイク・ギレンホールが演じるほか、『インポッシブル』のナオミ・ワッツ、『アダプテーション』のクリス・クーパーらが共演に名を連ねる。

『雨の日は会えない、晴れた日は君を想う』本編映像

 このたび公開されたのは、妻を失ったにも関わらず悲しむことのできないデイヴィス(ジェイク・ギレンホール)と、妻を亡くしたデイヴィスが出会った不器用に生きるシングルマザー、カレン(ナオミ・ワッツ)の心の交流を描いた場面を切り取った本編映像。デイヴィスとカレンが、倉庫のような場所で現在は使われていないメリーゴーランドの説明を店主から受ける様子が映し出されたのち、イタリアオペラの名曲「ラ・ボエーム」をバックに、2人がその帰り道に海へと全力で走り出し、デイヴィスがカレンを肩車する様子が捉えられている。

 デイヴィスとカレンの関係について、ヴァレ監督は「事故を体験し、デイヴィスは子供のように振る舞うのさ。そしてカレンも子供のようで、2人はともに人生の意味を探し始める。純粋な心を持ってね。僕は感情をさらけ出すことができる人々を称賛したかった。僕は幸せを表現したかったわけじゃない。人生はつらく、暗いものだ。でも僕はその美しさを表現したかった」と語っている。

■公開情報
『雨の日は会えない、晴れた日は君を想う』
2月18日(土)より、新宿シネマカリテほか全国ロードショー
監督:ジャン=マルク・ヴァレ
出演:ジェイク・ギレンホール、ナオミ・ワッツ、クリス・クーパー、ジューダ・ルイスほか
提供:ファントム・フィルム/カルチュア・パブリッシャーズ
配給:ファントム・フィルム
公式サイト:http://ame-hare-movie.jp/

「J・ギレンホールがN・ワッツを肩車 『雨の日は会えない、晴れた日は君を想う』本編映像」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版