加藤シゲアキ責任編集 豪華クリエイター陣と作家生活10周年を祝うスペシャルブック発売決定

加藤シゲアキ責任編集 豪華クリエイター陣と作家生活10周年を祝うスペシャルブック発売決定

 吉川英治文学新人賞受賞、直木賞候補、本屋大賞ノミネートと、作家として躍進する加藤シゲアキ氏。作家生活10周年の節目となる今年、加藤シゲアキ氏が自ら企画し、初めて編集長を務めた単行本『1と0と加藤シゲアキ』刊行がKADOKAWAより2022年9月30日に決定。
 
 デビューからこれまでの活動を振り返る2.5万字超ロングインタビューや撮り下ろしグラビアのほか、豪華クリエイターたちとの対談に加え、加藤シゲアキ氏本人からの熱いラブコールに応えた人気作家陣による創作寄稿など、コンテンツ盛りだくさんの贅沢な1冊となっている。

 加藤シゲアキ氏はアイドルグループNEWS のメンバーとして活動しながら、2012年1月に『ピンクとグレー』で作家デビュー。以降『閃光スクランブル』、『Burn.-バーン-』、『傘をもたない蟻たちは』、『チュベローズで待ってる(AGE22・AGE32)』『できることならスティードで』とヒット作を生み出し続け、2020年刊行の『オルタネート』で第42回吉川英治文学新人賞を受賞、第164回直木三十五賞候補、2021年本屋大賞にノミネートされるなど、作家として高い評価を得ている。

 そんな中、刊行が決定したのが『1と0と加藤シゲアキ』。6月29日(水)よりネットストア等で予約を順次予約が開始。いま最も輝いている作家・加藤シゲアキのすべてが詰まったスペシャルブックを入手しよう。

『1と0と加藤シゲアキ』について


◆収録内容
・10年の作家生活を振り返る2.5万字超ロングインタビュー
・《1と0と》撮り下ろしグラビア
・『ピンクとグレー』から最新の雑誌連載までを網羅する全著作ガイド
・作家とアイドルの境界線を紐解く、ライブパフォーマンス解説
・書店店頭から10年を見届けてきた書店員座談会
・各界の豪華クリエイターたちと”創作”を語り合う対談
・加藤シゲアキリクエストによる作家競作など

◆書誌情報
作品名:1と0と加藤シゲアキ
文・編:加藤シゲアキ
発売日:2022年9月30日(金)予定
仕 様:上製単行本
ページ数:未定
定 価:1,980円(本体1,800円+税)
発 行:株式会社KADOKAWA

加藤シゲアキ(かとう しげあき)
1987年生まれ、大阪府出身。青山学院大学法学部卒。NEWS のメンバーとして活動しながら、2012年1月に『ピンクとグレー』で作家デビュー。以降『閃光スクランブル』、『Burn.-バーン-』、『傘をもたない蟻たちは』、『チュベローズで待ってる(AGE22・AGE32)』 とヒット作を生み出し続け、20年3月には初のエッセイ集『できることならスティードで』を刊行。20年刊行の『オルタネート』で、21年に第164回直木三十五賞候補、第42回吉川英治文学新人賞受賞、第18回本屋大賞第8位、第8回高校生直木賞受賞。「タイプライターズ」(フジテレビ系)MCなど、アイドルと作家の両面で才能を発揮する際立った存在として注目を集め続けている。



関連記事

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「新作」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる