【漫画】ロボットに残された“愛の記憶”は本物? 切なすぎるSF作品がTwitterで話題

【漫画】切なすぎるロボットの想い

 とある博士の婚約者であった女性と、博士の記憶が組み込まれたロボットの様子が描かれた短編漫画『レプリカ・レプリカ』。生前は妻に興味を示していなかった博士がロボットとして生まれ変わり、ふたりは再び時間を共にすることとなる。

 複製された姿でささやく愛の言葉は本物なのかーー。本物と偽物をテーマに描かれた本作が2021年12月にTwitterで投稿されると、その切ない内容に様々な反響が寄せられた。

 作者である円満堂さん(@katuageking)は7年以上に渡り創作漫画を投稿している人物である。「リアルサウンド ブック」では本作を創作したきっかけや漫画を描き続ける思いなど、話を聞いた。(あんどうまこと)

続きを読むには画像をクリック

気になる作品はこちらから



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「著者」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる