松田青子『おばちゃんたちのいるところ』が世界幻想文学大賞・短編集部門を受賞 海外メディアで絶賛

松田青子、世界幻想文学大賞に

 松田青子の小説『おばちゃんたちのいるところ――Where The Wild Ladies Are』(中央公論新社刊) が、世界幻想文学大賞・短編集部門を受賞した。同賞を日本人が受賞するのは、2006年の村上春樹『海辺のカフカ』の長編部門、2019年の宮崎駿の生涯功労賞に次ぐ快挙だ。

 『おばちゃんたちのいるところ』は、追いつめられた現代人のもとへ八百屋お七や皿屋敷のお菊が一肌ぬぎにやってくる、「ワイルドで愉快な」連作短篇集。2016年12月に単行本版、2019年8月に文庫版が中央公論新社より刊行されている。本作は、NYタイムズ、BBC、ガーディアン、ニューヨーカーなど、海外メディアで絶賛されており、アメリカでロサンジェルスタイムス主催のレイ・ブラッドベリ賞の最終候補になったほか、独立系出版社から刊行された本に贈られるファイアークラッカー賞を受賞、さらにアメリカ・『TIME』誌の2020年ベスト10にも選出されている。

 「世界幻想文学大賞」は、1975年にアメリカ合衆国で創設された、ファンタジー作品を対象とした文学賞。ヒューゴー賞・ネビュラ賞に並ぶ三大賞のひとつとされている。

世界幻想文学大賞ホームページ:https://locusmag.com/2021/11/2021-world-fantasy-award-winners/

■松田青子プロフィール
1979 年、兵庫県生まれ。同志社大学文学部英文学科卒業。2013 年、デビュー作『スタッキング可能』が 三島由紀夫賞及び野間文芸新人賞候補に、14 年に Twitter 文学賞第一位となり、19 年には「女が死ぬ」 (英訳:ポリー・バートン)がアメリカのシャーリィ・ジャクスン賞短編部門の候補となった。著書に『英子 の森』『持続可能な魂の利用』『男の子になりたかった女の子になりたかった女の子』『女が死ぬ』など。

■書籍情報
『おばちゃんたちのいるところ――Where The Wild Ladies Are』(中公文庫版)
2019年8月22日刊行
税込704円
ISBN 978-4-12-206769-1
公式ホームページ:https://www.chuko.co.jp/bunko/2019/08/206769.html



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「イベント」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる